ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.04.07 20:33

ポルシェ・クラシックが72年ル・マンクラス優勝車を完璧にレストア


ル・マン/WEC | ポルシェ・クラシックが72年ル・マンクラス優勝車を完璧にレストア

PORSCHE
プレスインフォメーション

2016年4月07日

テクノクラシカのハイライト

細部にいたるまで完璧にレストアされたポルシェ911 2.5 S/T

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のポルシェ クラシックは、エッセンにおけるテクノクラシカの開幕を記念して、波乱に富んだモータースポーツの歴史とともにレストアされた911 2.5 S/Tを紹介します。ポルシェ クラシックのスペシャリストによって2年の歳月をかけてレストアされた、1972年のル・マンでクラス優勝を飾った車が初公開されます。

ポルシェ クラシック代表のアレクサンダー・ファビックは、この車の元の状態を思い起こします。彼は「911 2.5 S/Tは、数年前に米国のコレクターによってレストアベースの状態で探し出されました。ポルシェのスペシャリストたちの巧みな作業によって、このスポーツカーは最高水準の状態によみがえりました。」と述べています。見つかった車は本当に稀少なもので、911 2.4 Sクーペをベースとしてわずか24台が製造されたレーシングカーでした。さらにファビックは「このお客様が今回のレストアで私達に示してくれた厚い信頼に本当に感動しています。このプロジェクトは前例がないもので、歴史的に大きな意味をもちます」とも話しています。

レストア前の911 2.5 S/T
レストア前の911 2.5 S/T

911 2.5 S/Tは、グループ3(市販車ベースのGT車両)とグループ4(改造を施したGT車両)のカスタマースポーツ用に開発されたモデルで、1971年末に当時のDr. Ing. h.c. F. Porsche KGスポーツ部門から49,680マルクで限定数が発売されました。911 2.5 Sは、タルガ・フローリオ、ル・マン、ラリーなどのサーキット用に開発された911 2.4 Sクーペのワークス改造仕様で、国際スポーツレギュレーションにしたがって厳密に変更されており、特別仕様の価格はプラス19,000マルクとなっていました。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング