投稿日: 2017.04.28 14:38
更新日: 2017.04.28 15:27

2016年SF王者のドラテクをデータ実証! スーパーフォーミュラとレーシングカートのブレーキ圧は相似形


スーパーフォーミュラ | 2016年SF王者のドラテクをデータ実証! スーパーフォーミュラとレーシングカートのブレーキ圧は相似形

 マニアックなドラテクネタをおひとつ。スーパーフォーミュラをはじめとするボディ下面で大きなダウンフォースを生むフォーミュラマシンでは、ブレーキング時に独特のテクニックが必要となる。

 ブレーキング開始時と減速完了時の速度差を考慮してブレーキ圧を調整しなければならない。車速が高ければダウンフォースが大きく、車体を地面に押し付ける力も強いが、車速を落とすとその分、ダウンフォースも減るので、車体を地面に押し付ける力が減って、タイヤのグリップ力も落ちる。そのグリップ低下を見越した操作が求められるのだ。

 具体的にはブレーキング開始時に最大圧でブレーキをかけて、車速の低下に応じてその圧を抜いていかなければならない。ブレーキングポイントでガンッと踏んで少しずつペダルを抜いていく。

 実はレーシングカートも全く同じ操作が必要になる。ガンッと踏んでジワッと抜くのがカートでもブレーキングの理想とされている。理由はフォーミュラとはまったく違う。レーシングカートの多くはリヤのみにブレーキが装備されており、減速を始めるとフロント荷重になって、リヤ荷重が抜けてしまいリアタイヤのグリップ力が下がるためだ。

 グリップ低下を見越してブレーキを抜かなければいけない。ドライビングテクニックのなかでもっとも重要なブレーキ操作でこんな共通点があるのも、レーシングカート上がりがスーパーフォーミュラやF1で幅を利かせている要因かもしれない。

『レーシングカートテクニックDVD』では、国本選手が模範走行を披露、基礎から応用、さらに実戦ノウハウまで盛り込まれている
『レーシングカートテクニックDVD』では、国本選手が模範走行を披露、基礎から応用、さらに実戦ノウハウまで盛り込まれている

 下記リンクの映像から、2016年スーパーフォーミュラ・チャンピオンの国本雄資のそうしたブレーキング操作が、ロガーデータで示されたブレーキ圧で明確にわかる。

 ブレーキング以外にも、さらにこのデータで注目されるのはブレーキ終了とアクセルオンのタイミング。タイトコーナーが連続するカートコースであっても、ブレーキもアクセルも操作していない時間が一瞬あって、タイヤのグリップ力を最大限横方向(コーナーリング)に使っていることがこのデータから分かる。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

国本雄資のカートレッスンDVD『レーシングカートテクニックDVD』が4月21日発売
国本雄資のカートレッスンDVD『レーシングカートテクニックDVD』が4月21日発売

 国本選手が模範走行を披露、基礎から応用、さらに実戦ノウハウまで盛り込んだレーシングカートテクニックDVDは現在好評発売中です。

■レーシングカートテクニックDVD

発売日:4月21日(金)
価格:4000円+税

●amazonでも販売中!


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
織田真実那(おだまみな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング