2017.09.12

スーパーフォーミュラ:ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 2017第5戦オートポリス


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ:ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 2017第5戦オートポリス

SUPER FORMULA Round5
AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE
2017.9.9 sat ~ 10 sun

ヤンがファステストラップ&8位でポイント獲得

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
No.19 関口雄飛
No.20 ヤン・マーデンボロー

 スーパーフォーミュラの2017年シーズンもいよいよ後半戦を迎えました。今回も、前戦もてぎ同様ソフトタイヤとミディアムタイヤの2スペックタイヤ制が継続。
 
 もてぎでは下位に沈んでしまいましたが、ふたたび上位を争うべく準備を進めてきました。オートポリスでの開催は、昨年熊本地震による影響で中止となったため2年ぶりとなり、ヨコハマタイヤでのレースは初めてとなりました。

9/9(土) 公式予選

天候:晴れ コース:ドライ
気温:30度 路面温度:44度
Q1 13:45~14:13(赤旗中断時間:14:04~14:10)
Q2 14:28~14:35

 徐々に涼しくなりだす9月の気候ですが、予選日のこの日は30度まで気温が上昇する中予選が行われました。今回も予選方式はノックアウト方式。20分間のQ1で14台に、7分間のQ2で8台に絞り込まれ、最終Q3でポールポジションを決します。

 最終Q3に残りPPを狙うITOCHU ENEX TEAM IMPULは19号車の関口雄飛、そしてこの日が26歳の誕生日となった20号車のヤン・マーデンボローともに気合十分でまずはQ1に臨みました。
 
 開始約3分前からピットロードに整列して待機。13時45分に定刻通りQ1がスタートしました。今回もソフトタイヤとミディアムタイヤの2スペックタイヤ制ですが、この予選Q1では全車ミディアムタイヤでのアタックが義務付けとなります。
 
 2台ともにファーストアタックで関口が1’28.994で4位、ヤンが1’28.836で3位のタイムをマークし、残り13分を切ったところで一旦ピットへ戻ります。

関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

 
 セッティングの微調整を行いニュータイヤに履き替えて残り5分20秒で2台ともにコースインします。残り1分となり関口、ヤンともにアタックに入ろうかというところで他車のクラッシュがありセッションは残り時間46秒で赤旗中断。
 
 出鼻をくじかれる形となってしまいましたがふたたびピットインし、Q1の再開を待ちます。14時10分に残り時間3分で再開。ラストワンアタックに向かい関口は1’28.638で6位、ヤンは1’28.012で3位に付けまずはQ1を突破しQ2への進出を決めました。

 続くQ2はQ1でクラッシュしたマシンの回収の影響で予定より3分遅れの14時28分からとなりました。関口とヤンはこのQ2ではニューソフトタイヤを装着しまずはピットで待機。
 
 ピット前にマシンを出し、コースインのタイミングをうかがい残り約5分半で関口が、残り5分でヤンがピットアウトしていきました。
 
 2台ともに計測2周目でのアタックを敢行。しかし、満足にタイムを伸ばせず上位に食い込めません。関口1’27.540で11位、ヤン1’27.837でQ2最下位の14位に終わってしまいました。
 
 特にヤンは、自らのアタックラップにおいてすでにアタックを終え、スピードを緩めていた前車に行く手を阻まれて満足いくアタックを出来なかったということもあり、ピットへ戻ってマシンを降りると怒りを露わにしました。

 2戦続いて2台ともに最終Q3へと進めず不甲斐ない結果となってしまいましたが、エンジニア陣営とドライバーは、夜まで翌日の54周のレースでの挽回策を練り準備を進めました。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
宮本りお(みやもとりお)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング