投稿日: 2017.09.25 16:37

スーパーフォーミュラ:TCS NAKAJIMA RACING 第6戦SUGO レースレポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ:TCS NAKAJIMA RACING 第6戦SUGO レースレポート

スーパーフォーミュラ第6戦
9月23日(土)予選 天候:雨/曇(観客動員数:4400人)
9月24日(日)決勝 天候:晴(観客動員数:1万0050人)

予選結果

#64:10位
#65:13位

予選レポート

 SUPER FORMULAは終盤戦に突入していて、残すはこの大会を含めて2戦。TCSNAKAJIMA RACINGは開幕戦でポイントを獲得したきり、厳しい内容のレースが続いていて、この2戦でなんとしても巻き返しを図り、来年へ繋げていきたいところ。

 朝は雨が降ったが、予選の開始頃には秋らしい天候となり、気温21℃、路面温度22℃というコンディションに。朝のフリー走行はウエットコンディションの中行なわれたが、予選はすっかり路面も乾いてきてドライコンディションの中、Q1のスタート時刻を迎える。

 コースコンディションとマシンの確認作業を終えた2台は一旦ピットに戻り、Q2進出をかけたアタックをするためにコースインをする。64号車の大祐は11番手タイム、65号車のカーティケヤンは9番手タイムとなり、2台揃ってQ2に進出を果たした。

 Q2はスタートすると同時に2台はコースインをして、Q3に進出できる上位8台を目指して、タイヤのウォームアップをしてアタックに入る。気温や路面温度が低いこともあり、大祐は計測4周目に記録したタイムが自己ベストタイムとなり10番手、カーティケヤンは計測5周目のタイムで13番手タイムとなり、ここで決勝レースのグリッドが確定した。

コメント

総監督:中嶋 悟

「順調に進んでいましたが、Q3 には届かなかったですね。非常に僅差で厳しい予選になりました。明日はうまく進めて上位フィニッシュを狙いたいです」

#64:中嶋 大祐

「菅生は例年調子が良く、今回も上位を狙って精一杯アタックをしたのですが、速さが足りずQ3に進出することができませんでした。セットアップのベースは決して悪くないのですが、コンディションに対する合わせ込みで後れを取ってしまいました。明日はスタートを決めて少しでもポイントを獲得できるように全力で頑張ります」

#65:ナレイン・カーティケヤン

「In Q1 the car setup was really good with the fastest lap time. In Q2,unfortunately I had lots of traffic so could not get the best lap time. P13 is not the true pace of me but the car setup has improved a lot. We made a big stepfrom Autopolis and hopefully we can continue to progress. 」

「Q1では、車両のセットアップがすごく良くて、ベストタイムとなりました。Q2では、前に車両が多くて、ベストラップを取ることができませんでした。13番手は自分の本来のポジションではないですが、セットアップはうまくできています。オートポリスから大きなステップを踏み出していますので、今後もこのまま進んでいきます」


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング