投稿日: 2016.05.29 19:42
更新日: 2016.05.29 20:30

石浦宏明「セーフティカーの水しぶきでも視界を遮られた」


スーパーフォーミュラ | 石浦宏明「セーフティカーの水しぶきでも視界を遮られた」

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦岡山の決勝で、今季初優勝を飾った石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)、2位に入った塚越広大(REAL RACING)、3位の伊沢拓也(REAL RACING)が8周で赤旗終了となったレースを振り返った。

●石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING):決勝1位
「朝のフリー走行を走る段階から、決勝ではウエットコンディションで走る時間のほうが間違いなく長いと思っていました。そのため、エンジニアとレイン用のセッティングで走ったほうがいいのではと相談して、レイン寄りのセッティングでフリー走行は走っていました。スタート練習もうまく行かなかったので、何度か繰り返して練習しましたね」

「8分間のウォームアップ走行で(路面)状況を確認したのですが、思いのほかグリップを得られず、ライバルより3秒くらい遅いタイムでした。雨量はそこまで多くありませんでしたが、前走車に近づくとまったく前が見えなくなるので、厳しいレースになるなという印象を持ちましたよ。セーフティカー中も2コーナーやモスSがかなりの水量でしたし、セーフティカーの水しぶきでも視界を遮られていました」

「気持ちとしては(レースを)やりたかったですが、ドライバー全員の安全を考えると正しい判断だったと思います」

「(赤旗中断中もマシンを降りなかったのは)ステアリングを外したくなかったから。小林可夢偉選手が何度もステアリング交換をしていることや、(チームメイトの)国本雄資選手にもステアリング系に水が入るトラブルが出ていたようです」

「なるべくステアリングを外したくありませんでしたし、水が入らないように、可能な対策をできる限りしてもらっていたので、マシンに乗ったまま待機していました」


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング