投稿日: 2015.08.22 17:04
更新日: 2016.09.14 17:09

可夢偉、“嗅覚”で予選3番手も「まだごまかし」


スーパーフォーミュラ | 可夢偉、“嗅覚”で予選3番手も「まだごまかし」

 スーパーフォーミュラの2015年シーズン折り返しの一戦となる第4戦もてぎの予選は、ポールポジションの石浦宏明と2番手の野尻智紀の差がわずか100分の2秒という僅差で決着した。そして、そのふたりと同じく1分32秒台をマークして3番手につけたのは、今シーズンからシリーズに参戦している小林可夢偉だった。見た目としては今回も僅差の勝負となった予選トップ3だったが、そこに至るアプローチは、トップ2のふたりと3番手の可夢偉とでは異なるものだった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング