投稿日: 2020.09.27 17:30
更新日: 2020.09.27 23:15

坪井翔が初優勝。荒れたスタートから最終周まで緊迫の50周をセルモがワン・ツーで制する【第2戦岡山決勝】


スーパーフォーミュラ | 坪井翔が初優勝。荒れたスタートから最終周まで緊迫の50周をセルモがワン・ツーで制する【第2戦岡山決勝】

 2020年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦決勝レース(51周)が行われ、坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が自身初優勝。2位には石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が入り、セルモインギングがワン・ツー・フィニッシュを飾った。


本日のレースクイーン

アップルプリティーズ
安藤まい(あんどうまい)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング