スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.10 09:14
更新日: 2017.04.10 09:18

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート

2017年4月10日

2017 AUTOBACS SUPER GT Report
OKAYAMA GT300km RACE
第1戦 岡山国際サーキット

ZENT CERUMO LC500

#38 立川祐路/石浦宏明
◆4月9日(日)RACE
決勝結果 4位

<決勝> 天候:曇り コース状況:ドライ

立川祐路がポールポジションに迫るアタックをみせるも、アンラッキーにより4番グリッド獲得に終わった予選日から一夜明け、スーパーGT第1戦は岡山国際サーキットで決勝日を迎えた。

 今シーズンからスーパーGTでは、決勝日朝のフリー走行がなくなり、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは午前9時55分から行われたピットウォークからファンサービスに努めることに。

 なお、このピットウォークの最後には、毎年恒例になっている佐藤正幸代表と、石浦宏明のバースデーパーティが行われた。

 決勝レースに向けて少しずつテンションが高まっていくなか、立川と石浦は、ZENT CERUMO LC500とともにオープニングセレモニーの後、初めての開催となる選手紹介に臨み、午後1時09分からのウォームアップ走行で、ZENT CERUMO LC500の最後の確認を行うべくコースインした。

ZENT CERUMO LC500
ZENT CERUMO LC500

 20分間の走行のなかで、ZENT CERUMO LC500は立川がステアリングを握り、1分20秒727というベストタイムをマークするものの、燃料系のトラブルに見舞われてしまった。

 今シーズンからのスケジュールでフリー走行がなかったために、直前になって発覚したトラブル。チームはスターティンググリッドで急ぎトラブルの対応を行い、なんとか修復を完了する。

 迎えた午後1時34分からのフォーメーションラップのスタートだが、立川がステアリングを握ったZENT CERUMO LC500はトラブルの影響なく無事にグリッドを離れたものの、そのすぐうしろにつけていた#17 NSX-GTがスタートを切ることができない。

 さらに、#17 NSX-GTがコース上でストップしたためフォーメーションラップが2周に増やされると、ポールポジションだった#8 NSX-GTまでもストップ。波乱の展開を予感させた。

 混乱のためレースは一度赤旗中断となってしまうが、#8 NSX-GTがストップしたこともあり、立川が駆るZENT CERUMO LC500はセーフティカー先導から迎えたオープニングラップを3番手で終える。


関連のニュース

本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング