スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.05.09 11:35
更新日: 2017.05.09 11:57

TEAM IMPUL 2017スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL 2017スーパーGT第2戦富士 レースレポート

TEAM IMPUL Race Report

AUTOBACS SUPER GT Round2
FUJI GT 500km RACE
2017.5.3wed~4the

トラブルで無念の戦線離脱

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田 裕信/ヤン・マーデンボロー

 ライバルメーカーに大きな遅れをとってしまった開幕戦岡山から約1カ月弱。何としても一矢報いたい第2戦は毎年恒例、ゴールデンウィーク期間中に静岡県の富士スピードウェイで開催されました。

5/3(水)公式予選
天候:晴れ
コース:ドライ
気温/路面温度:18℃/27℃(Q1開始時)
観客動員数:3万4100人

 今回の予選の開催日は2017年ゴールデンウィーク後半の初日。富士スピードウェイにアクセスする東名高速道路等の幹線道路は大渋滞し、サーキットでも多くの観客がスタンドを埋め尽くすなか、GT500クラスの予選Q1は定刻の15:00に始まりました。

 午前中には晴れ間もありましたが、予選が行われる時間には雲が空を覆いやや気温も涼しく感じられました。

 カルソニックIMPUL GT-RのQ1アタックドライバーはヤン・マーデンボロー。ヤンは今回がGT500クラスでの予選初アタックとなりました。静かに集中力を高めたヤンはコックピットに収まると、予選前半はピット内で待機。

 残り時間8分20秒となったところでピットアウトしていきました。路面温度も低かったため、3周に渡ってタイヤをウォームアップ。アタックラップでは1分28秒883のタイムをマーク。Q2への進出が叶う上位8位に入れず、最終的には12位に終わりました。


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング