スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.26 23:39

スーパーGT:LMcorsa 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート


スーパーGT | スーパーGT:LMcorsa 2017年第6戦鈴鹿 予選レポート

LMcorsa レースレポート:SUPER GT 第 6 戦予選・鈴鹿サーキット

LMcorsa Super GT, Racing Reports 2017 Vol.10-1
Round 6:SUZUKA CIRCUIT. 2017/08/26

予選結果:6 位(エントリー 30 台)
天候:曇り、コース状況:ドライ

General comment

 第5戦FUJIから3週間後となる8月26日(土)に、AUTOBACS SUPER GTシリーズ第6戦INTERNATIONAL SUZUKA 1000㎞の予選が鈴鹿サーキットで開催された。

 今年投入した新型車両の「SYNTIUM LMcorsa RC F GT3」で GT300 クラスに、飯田章と吉本大樹のベテランコンビで挑んでいる LMcorsa。
 シリーズ全8戦の第5戦まで終了しているが、チームはここまで5戦連続で完走を果たしている。
 第2戦FUJIではベテランらしい粘りの走りを見せ 8 位入賞を果たし、第3戦と第4戦の2カ月のインターバルの間には精力的にテストを敢行。

 その成果が出たのが、第4戦SUGOで練習走行ではGT300クラスのトップタイムをマーク。
 予選では、飯田が今シーズン初のQ1突破を果たすと、Q2では吉本が予選3番手のタイムを記録した。雨に見舞われた決勝では、SC 導入のタイミングなどもあり表彰台獲得まであと一歩の5位でフィニッシュ。
 そして第5戦FUJIでは、決勝中にアクシデントに見舞われるがドライバーとチームの必死の対応で完走に持ち込んでいる。
 この粘り強さが今年のチームの特徴と言え、ドライバーズポイントは両ドライバーとも15位、チームランキングは14位で今回の鈴鹿を迎えた。

 26日・土曜日は明け方から雨が降っていたが、午前中の練習走行が開始となる9時頃には雨は止んでいたが、コースの路面はウエット状態。そのためウエット宣言が出されて練習走行はスタートし、チームは飯田が路面状況を確認するためにレインタイヤで出て行き、すぐにピットイン。
 路面が乾くまでピットで待機することになる。ようやくスリックで出て行ける状況になり、チームはまず飯田がクルマの状態とタイヤのマッチングを確認しながら周回を重ねていく。
 そして吉本がドライブを引き継ぎ、予選シミュレーションを行いながら本番に向けた準備を進めていき、2分00秒476がベストタイムで12位という結果に。最終的に飯田が14周、吉本が8周走行して練習走行は終わった。


本日のレースクイーン

R'Qs Racing GIRLs
桐生もえこ(きりゅうもえこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング