スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.09.01 14:46

スーパーGT:本山哲 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | スーパーGT:本山哲 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round6「INTERNATIONAL SUZUKA 1000km」REPORT

 スーパーGT2017シーズンは、真夏の3連戦のラストを飾る鈴鹿1000kmを迎えた。獲得ポイントが他のレースより多いことでチャンピオンシップにおける重要度はより高くなるこの一戦、昨年はレギュラードライバーの千代勝正を欠きながらも3位表彰台を獲得している、46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」は今回も活躍が期待される。

 そしてもうひとつ、『鈴鹿1000km』は今年で最後になるが、ここまで数々の輝かしい実績を誇る本山哲が、唯一GT戦で未勝利なのが鈴鹿であり、本山にとってはその思いはさらに強い。

 前戦の富士でクルマのセットアップに終始悩み続けたことで状態が危惧された46号車だったが、土曜日午前中の公式練習では序盤から順調にセットアップを進め、占有時間帯の予選シミュレーションでは千代が3位のタイムを記録。悲願に向け上々の滑り出しを見せた。

【予選】8月26日(土)天候:晴れ 路面:ドライ 気温:37℃ 路面温度:40℃(予選開始時)

■公式練習結果:3位 1分48秒678(千代)
■公式予選Q1結果:3位1分47秒588(千代)Q2結果:5位 1分47秒977(本山)

 猛暑がぶり返したこの週末、鈴鹿も朝からかなり気温は高くなった。そのピークを若干過ぎた午後2時55分にGT500クラスのQ1が開始。ドライバーは千代がつとめた。

 暑さとの戦いにおいてタイヤマネージメントがより重要になる今回、予選ではなるべく決勝に向けタイヤを温存するために動き出しは遅く、すべてのマシンがコースインしたのは残り8分となってから。そこから各マシン1周もしくは2周のアタックに挑み、雌雄は決せられることになった。

 46号車の千代はアウトラップから1周目のウォーミングアップラップの後アタックに入ると、セクター1、2、3と立て続けに最速をマーク。最後のシケインでややミスを喫するもトータル1分47秒588で見事トップへと浮上する。この後2台がわずかコンマ01秒上回り、46号車は最終的に3位でQ2進出を果たした。

 Q1終了からGT300クラスのQ2をはさみ、午後3時40分よりGT500クラスのQ2がスタートした。

 Q1同様開始からなかなか動かない8台は12分中残り8分となったところでまず3台がコースインすると、その1分後に本山を乗せた46号車を含む5台がコースイン。

 1周のウォームアップラップをはさみ、アタックに挑む。そしてQ1の千代と同じく、本山もセクター1、2,3と最速を刻むとトータル1分47秒977でトップに躍り出る。だがQ1時に比べ路面温度が下がったことで、これは万全のアタックとはいかなかった。

 鈴鹿1000km最後のポールシッターをめぐる戦いは、ここからさらにヒートアップ。4台が47秒台に入れてくることになり46号車は僅差ながら5位へと後退、レースは5番グリッドより長い戦いに挑むこととなった。

●本山哲の予選コメント

「前回の富士での問題も改善され、今回はクルマもタイヤも暑い中での1000kmレースに向け良い状態で準備できました。予選はQ1と比べQ2では路面温度が下がったことで、アタック自体はまずまずだったもののタイヤのグリップが少し足りなかった」

「でも決勝に向けては良いタイヤを選べている自信があります。今回は優勝したいという気持ちがいつも以上に強いし、良いアベレージで走れれば必ずポジションを上げていけるはずなので、長い距離をしっかりと走っていきたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします!」


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
神楽万早実(かぐらまさみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング