スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.10 16:21

TEAM IMPUL スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL スーパーGT第5戦富士 レースレポート

AUTOBACS SUPER GT Round5
FUJI GT 300km RACE

2016年 8月6日~7日

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田裕信/J.P.デ・オリベイラ

2年ぶりポールtoウィン!

 ここまで全4戦が終了(第3戦オートポリスは熊本地震の影響で中止)し、最高位5位、またその中で不運なリタイアが2回、という悪い流れを断ち切るべく、意を決して挑んだ第5戦富士。シリーズの展開も考えると非常に重要な1戦となったと同時に、今季同じ富士スピードウェイで行われた第2戦でトップを走行しながら目前で優勝を逃した悪夢を払拭すべくリベンジ戦にもなりました。

8/6(土)公式予選
天候:晴れ コース:ドライ
気温/路面温度 Q1開始時33℃/48℃、Q2開始時32℃/47℃
観客動員数: 18400人

 朝から気温がぐんぐん上昇し、酷暑となった富士スピードウェイ。GT500クラスの予選Q1はGT300クラスのQ1で赤旗中断があり予定がディレイ。14:51~15分間で行われました。Q1は安田裕信が担当。前半はカルソニック IMPUL GT-Rを含む全車がピット内で待機。他車の様子をうかがいつつ、残り7分半でコースインしました。計測2周目で1.28.956をマークし、タイミングモニター上でトップに浮上します。続く計測3周目に1.28.795にタイムを縮めますが、同じGT-R勢のライバル、No.46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(千代勝正選手)にタイムを更新され僅かに及ばず、2位でQ2へ進出となりました。

 続くQ2は15:36~、こちらは12分間で行われました。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがアタック。残り時間7分40秒でコースインしました。まずは計測2周目に1.28.886をマークしてトップ浮上。他車もアタックを繰り広げてきますが、オリベイラのタイムには及びません。そして計測3周目にさらにタイムを短縮し1.28.458へ。トップの座を盤石なものへとしていきます。他のGT-R勢も下馬評通り好調でアタックを続けますが凌ぎ切り、第2戦富士に続く、今季2度目のポールポジションを獲得、決勝レースに向けてまずは第1段階をクリアしました。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング