スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.22 16:20

R&D SPORT スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

スーパーGT第3戦鈴鹿サーキット
SUZUKA GT 300km Fan Festival

予選順位:4位
決勝順位:3位
チームランキング:12位
ドライバーランキング:11位

2018.05.20 - SUPER GT 第3戦 鈴鹿サーキット・決勝

激闘の末、今シーズン初の表彰台を獲得

 5月20日(日)三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットでスーパーGT第3戦『SUZUKA GT 300km Fan Festival』が行なわれました。天候は薄曇り、気温19.7度でレース観戦には絶好のコンディションのなか3万3000人の観衆を集めて、決勝レースが行なわれました。
 
 前日に行なわれた予選でSUBARU BRZ GT300は4位のポジションを獲得し、トップが狙える位置からのレースです。スタートは山内英輝が担当しました。予選1位、2位の96号車、25号車のうち25号車はタイヤ無交換作戦なのか、ラップタイムを落としてレースを始めます。そのためBRZ GT300 は2周目に難なく3位に進出。96号車、0号車の3台でのトップ争いとなりました。

 しかしながら、96号車は予選の速さそのままに、逃げ切り作戦で2位以下に毎周1秒近くのリードを広げていきます。BRZ GT300 はミディアムタイヤを選択し、前の2台を追いかけますが、徐々に引き離される展開です。
 
 ところが12周目にスピンしクラッシュしたマシンがコース上に止まっているということで、セーフティカーが入りました。広げられていた差は一気に取り戻せましたが、振り向けば4位に12秒以上の差をつけていたリードも失うことになってしまいました。

 その後17周目からレースは再開され、23周目にピットイン。山内英輝から井口卓人へドライバー交代します。燃料給油をしたあと、リヤタイヤのみ交換でピットアウトします。ピットではタイヤマンがタイヤの摩耗状況を確認し、フロントはそのまま! という判断を下し、また、4位との差がないこと、予選2位の25号車がタイヤ無交換で走行していることなどから、ピットストップの時間短縮のために2本交換の作戦を選択しました。

 レースはタイヤ交換ナシ、2本交換、4本交換というマシンが入り乱れ、大混戦になっていきます。レース終盤は、混戦を抜け出した96号車を除き、5台による2位争いが繰り広げられます。ラスト10周になると、その混戦はさらに接近し、1秒以内に5台のマシンがひしめきます。
 
 3位をキープする井口は2位を走る0号車に猛烈にプッシュしますが、簡単には抜けず数周を要しましたが、44周目のシケインでようやく捉えることができ2位浮上。
 
 しかしながら、序盤にタイヤを温存していた25号車のペースが上がり、ふたたび3位となります。レースはそのまま3位で終了。SUBARU BRZ GT300は今季初の表彰台を獲得できました。

レース後コメント

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング