スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.30 10:57

31号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | 31号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

2018 AUTOBACS SUPERGT
ROUND3鈴鹿サーキット
開催地:鈴鹿サーキット(三重県)/5.807km

5月19日(予選)天候:晴れ
コースコンディション:ドライ 観客数:20,000人
5月20日(決勝)天候:晴れ
コースコンディション:ドライ 観客数:33,000人

 予選21番手からの大追走で9位フィニッシュ。この2ポイントが最後に生きることを信じて全8戦で争われるスーパーGTシリーズの第3戦、『SUZUKA GT 300km』が鈴鹿サーキットで開催された。今年もaprは2台のトヨタ・プリウスZVW51を走らせ、#31 TOYOTA PRIUS apr GTを、新たにコンビを組むことになった、嵯峨宏紀選手と平手晃平選手に託すこととなった。

 開幕戦こそリタイアしてしまったものの、この時2番手まで上がったパフォーマンスは誰にも記憶に新しいはずだ。これならば、と思わせた、富士での第2戦では期待を裏切らなかった。
 
 悪天候のためスケジュールが大幅に改められ、一発勝負となった予選こそ7番手に甘んじたものの、しっかり天候も回復した決勝レースでは激しい追い上げを見せ、中盤に2番手に浮上すると、2回目のピットでタイヤ無交換に討って出て、なおポジションを最後までキープしたからだ。
 
 新コンビ結成2戦目にして、早くも表彰台に上がれたことで、ドライバーだけでなくチーム全体のムードが向上しているのは明らか。これをこのまま維持していきたいところだ。第3戦の舞台は鈴鹿サーキット。従来は1000kmレースとして夏の終わりに行われていたが、今年から5月に移され、300kmレースとして開催されることとなる。
 
 そのため、時期の違いによるコンディションの変化もあれば、今までのようなピット戦術の妙が大きく結果を左右することはなくなったとはいえ、2016年には予選、決勝ともに2位につけ、速さを極められた経験もあるだけに、2戦連続の活躍も期待できそうだ。

公式練習 5月19日(土)9:00~10:25

 数日前の天気予報では土曜日は雨が降ると伝えていたものの、実際に降ったのは未明から早朝までで、このレースウイーク走り始めとなる公式練習が行われる頃には、サーキットの上空には青空が広がり、路面も一部にウエットパッチを残すだけとなっていた。
 
 今回、最初に#31 TOYOTA PRIUS apr GTに乗り込んだのは平手選手。スタートと同時にピットを離れ、最初の確認を行った後、ピットイン。その間に赤旗中断があったが、10分目の再開と同時に本格的な走行を開始することとなった。まもなく1分59秒台に入れた平手選手は、さらに2回の赤旗中断を挟みつつ、勢力的に周回を重ね、1分58秒505をマークしたところでピットイン。ラスト10分間のGT300単独セッションから、嵯峨選手の走行となる。
 
 セッション終了まで走り続けた嵯峨選手は、最後に1分58秒969をマーク。続いて行われたサーキットサファリは嵯峨選手が1周だけの計測で、平手選手にバトンタッチ。チェッカーまで走り続けて、予選に向けた最終チェックを完了させた。

31号車TOYOTA PRIUS apr GT
31号車TOYOTA PRIUS apr GT


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング