スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.09.25 15:05

30号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート


スーパーGT | 30号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND 6
スポーツランド SUGO
開催地:スポーツランド SUGO(宮城県)/3.704km
9月15日(予選)天候:曇り一時雨 コースコンディション:ドライ一時ウエット 観客数:1万2900人
9月16日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:2万8500人

公開練習のミッショントラブルで予選は低迷するも、決勝ではコンスタントに。しっかり75周走り抜いて完走果たす

 全8戦で争われるスーパーGT シリーズは、スポーツランド SUGO を舞台に、シーズン終盤戦への突入となる第6戦、『SUGO GT 300km RACE』を9月15日~16日に開催した。今シーズンも apr は2台のトヨタプリウスZVW51を走らせ、『#30 TOYOTA PRIUS apr GT』を今回より永井宏明選手、そして織戸学選手に託すこととなった。

 織戸選手といえば、前回のレースに第3ドライバーとして加わり、予選の後に大胆なセッティング変更を提言。その結果、マシンのポテンシャルは飛躍的に向上したことから、永井選手のみならず、チームの寄せる信頼は極めて高い。

 決勝では序盤のアクシデントで戦列を離れることになったが、ここまで不運な展開が続いているだけに、一気に流れを変えるきっかけにもなってくれることが期待された。

 SUGOでのレースは、これまでシリーズ第4戦として行われることがほとんどで、ランキング上位陣でもそう多くないウエイトハンデで望めることができたが、今回は第6戦とあって従来の比にあらず。JAF-GTと相性のいいコースに新たな体制で、しかもノーハンデで挑めるからには、これまでの苦労が一気に報われることが望まれた。

公式練習 9月15日(土)9:00~10:40

 しばらく酷暑をも相手とするレースが続いていたが、シリーズ第 6 戦ともなると、ようやく解放された感は強い。実際、レースウィークの走行開始となる公式練習は、気温 21 度、路面温度 23 度と、秋めいたコンディションのなかで開始された。

 まず『#30 TOYOTA PRIUS apr GT』に乗り込んだのは、織戸選手。計測開始と同時にピットを離れ、チェックを行ってピットに戻ってくるのはいつもどおり。だが、いつもと違っていたのは、それから1時間以上ピットに留まっていたこと。走り出して間もなくミッション不調を織戸選手が訴え、それが交換を余儀なくされるほどだったからだ。

 開始からしばらくはドライコンディションが保たれていたが、その交換の最中に雨が降り出し、しばらくはドライタイヤでも走れる程度の雨量だったが、『#30 TOYOTA PRIUS apr GT』がようやく再出走なった時には、本降りとなっていた。

 織戸選手が乗り込み、イン〜アウトを何度も繰り返した後、永井選手が再び乗り込むことに。その途端に赤旗が出されてしまう。

 幸い、直後に再開されたGT300単独セッションは短縮されることなく、10分間を永井選手はフルに走ることが許され、1分31秒845を降りしきる雨の中でベストタイムとしていた。


本日のレースクイーン

スフィアライト
祝田加奈美(いわいだかなみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング