スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.07 21:30
更新日: 2019.05.08 11:30

ホンダ 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | ホンダ 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート

Round.2
決勝
2019.05.04(土)
静岡県 駿東郡
富士スピードウェイ

難コンディションで実力を発揮。
#1 RAYBRIG NSX-GTが予選12番手から3位表彰台を獲得

 5月3日(金)~4日(土)、富士スピードウェイ(静岡県)で2019年度SUPER GTシリーズ第2戦が開催され、GT500クラスに5台の2019年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。
 
 岡山国際サーキットで開催されたシリーズ開幕戦では、速さをみせ優勝を遂げたNSX-GTですが、富士スピードウェイは過去の大会でも苦戦することが多いコースで、快晴の空の下で行われた公式予選では、#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)が4番手、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が6番手にとどまり、厳しい出だしとなりました。

 決勝日は、午前中まで晴天だったものの、午後2時半の決勝レーススタートが近づくにつれ天候が急激に悪化。雨が降り出してウエットコンディションとなり、セーフティカー先導でレースが始まりました。スタート直後は#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)がポジションを守っていましたが、その後順位を落とし、入れ替わって#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)が5番手へ進出しました。
 
 しかし天候はさらに悪化し、路面に水が溜まったためセーフティカーがコースイン、その後レースはいったん赤旗で中断となりました。

 天候回復を待ち、雨はほぼ止んだものの、路面はまだ濡れている状態でレースが再開されました。それまで各車、スタート時に装着したレインタイヤで走行を続けていましたが、500kmの長丁場となるレースの3分の1を迎えるところで各チーム最初のドライバー交代に入り、それまで装着していたレインタイヤをスリックタイヤへ交換し始めました。
 
 ところがそれまでHonda勢最上位を守っていた#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)がまだ濡れていた路面に足をとられてスピンし、順位を落としてしまいました。一方、公式予選ではマシンの挙動が落ち着かず12番手スタートとなった#1 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が悪コンディションのなか、山本からバトンへとつないで着実に順位を上げていきました。

RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)
RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング