スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.21 17:20

JLOC 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | JLOC 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート

SUPER GT Rd.2
FUJI Speedway RACE REPORT

TEAM JLOC
88号車マネパ ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥
87号車T-DASH ランボルギーニ GT3 高橋翼/アンドレ・クート

公式予選

日付:2019年5月3日(金)
天候:晴
予選結果:88号車10位、87号車19位
観客動員数:3万5800人

88号車が10位を獲得、明日の長いレース2台で結果を目指す

 連休のビッグイベントとなる富士500kmレース。ロングのレースが得意なJLOCは期待をもってサーキット入り。晴天のもと予選日が始まる。

 公式予選、88号車がQ1を7番手で突破し最終結果10番手に、87号車はアタック中に他車に追突されてしまった影響で19番手となった。明日はJLOCの得意とする長いレース、2台で協力してポイントを目指す。

87号車エンジニアSeiji Hiraiコメント

「公式練習は決勝レースを想定してタイヤ選定を中心に作業をしました。公式予選Q1はクート選手が担当。タイヤを温めアタックラップに入ったところで他車に後ろから当てられてしまい、次のラップに再度アタックするもタイヤのピークが終わってしまっていたのとフロアのダメージの影響で残念ながらQ1突破できなかった」

87号車Tsubasa Takahashiコメント

「午前中のフリー走行ではセットアップとタイヤが良い方向に向かず、多少不安が残るなか予選をむかえた。Q1はアンドレ選手が担当し、攻めのアタックをしてきてくれたが19番手。チームと何が原因だったかを話し合い、翌日の決勝に備えたい」

87号車Andre Coutoコメント

「500kmと長いレース、決勝に向けてセッティングが良くなることを願っている。明日は自分たちのベストを尽くしたい」

87号車Kiyoto Fujinamiコメント

「フリー走行ではアンドレ選手、高橋選手にセットアップを進めて頂きすごく乗りやすい車に仕上げてもらいフリー走行は不安なく走ることができた。Q1は19番手、決勝に向け追い上げる為に作戦などについて話し合いをした」

88号車エンジニアMasafumi Katsumataコメント

「Q1担当は元嶋選手、フロント左側のタイヤ内圧トラブルを抱えたままのアタックだったがQ1突破。続いてのQ2は小暮選手が担当し10番手を獲得」

88号車Takashi Kogureコメント

「Q2を担当。結果は10番手とまずまずの結果だったが、決勝に対してかなり期待は持てた。アタック内容としては悪くはなく、ミスもなかったが、自身としては結果には納得していない。今後はさらにマシンの理解度を増やし、レベルの高い走りをしたいと思う」

88号車Yuya Motojimaコメント

「フリープラクティスから手応えがあった。予選ではトラブルを抱えながらもQ1を突破でき、決勝へさらに自信を持てた。翌日の決勝を見据えたタイヤ選択もできているので、レースでは充分に結果を残せるポジションにつけることができた予選日だった」


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング