スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.10.12 16:18

TEAM IMPUL スーパーGT第7戦タイ レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL スーパーGT第7戦タイ レースレポート

AUTOBACS SUPER GT Round 7
BURIRUM SUPER GT RACE

2016年 10月8日~9日

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田裕信/J.P.デ・オリベイラ
4位入賞も表彰台を逃す

 第7戦は3年目の開催となるタイのチャン・インターナショナル・サーキットで行われました。
今回のタイを含むと2016年シーズンのSUPER GTのレースも残すところ3戦。(最終戦もてぎは2戦開催)今季正念場のレースと言っても過言ではないラウンドとなりました。

10/8(土)公式予選
天候:晴れ コース:ドライ
気温/路面温度 Q1(GT500)開始時28℃/34℃、Q2(GT500)開始時28℃/33℃
観客動員数:27,948人

 タイはこの時期雨季ということで、前日も降雨があり不安定な天候。予選開始前も雲行きが怪しく、雨もパラつきましたが予選時には雨も上がり、路面はドライでまずはGT300のQ1が進行していきました。

 その後、現地時間15時20分(日本時間17時20分)に始まったGT500の予選Q1。アタックは安田裕信が担当しました。15分間で行われ、残り時間およそ8分半でピットアウト。アタックに向かいます。安田は1’24.906のタイムで8位。Q2進出のボーダーラインでしたが、まずはQ1を突破しました。

 その後のQ2は、現地時間16時5分(日本時間18時5分)に開始。今季すでに2度のポールポジション(第2戦富士/第5戦富士)を獲得しているジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが登場しました。

 3度目のPPを狙い、12分間の制限時間のうち残り時間およそ7分45秒でピットアウト。まずは1.24.466のタイムを刻み、タイミングモニターのトップへ浮上します。しかしその後次々にアタックを敢行するライバル勢。2台にタイムを更新されていまい、3番手となりました。それでもセカンドローの好位置に付け、翌日の決勝レースに向けて弾みを付けました。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング