スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.04.10 22:36

土屋圭市「FRのセットアップに慣れなければ」


スーパーGT | 土屋圭市「FRのセットアップに慣れなければ」

第1戦 岡山 決勝レポート (GT300)
パーツ不足で満足な走りできず

 午前のフリー走行は決勝へ向けたセットのアジャストをメインに行ったが、車のセットアップパーツがまだ届かない中で、セッティングの変更はアライメントを変更、修正するだけだった。セッティングの幅が狭い中で、決勝でどのようにタイヤを持たせて速く走りかが我々の課題で、スプリングなどのセットアップパーツは喉から手が出るほど欲しい状況だった。
 スタートは高木真一。スタートで1台抜き、更にストレートに戻ってくるまでにもう1台抜いて5番手で1周目を終えた。その後のペースも非常に良く、表彰台も狙えるかに見えたが、10周を過ぎた辺りからリアタイヤのグリップが徐々に落ち始める。12周目には6番手にドロップし、16周目までに8番手までポジションを落としてしまうが、その後は安定したペースでポジションをキープしていった。
 25周を過ぎた辺りからペースが落ち始めたので、31周目に高木をピットに入れる事にした。小林に交代してスタートしようとしたところ、エンジンがストールしてしまった。クラッチのパーツがメーカーから届いておらず、調整が出来ないままレースに出走しなければならなかったが、その影響が出てしまった。
 小林は何とか車を発進させ戦列に復帰したが、20番手までポジションを落としてしまう。その後はタイヤに厳しい戦いを強いられるが、タイヤを労りながら安定したペースで小林は走り続けた。
 53周目には12番手までポジションを上げ、終盤にはポイント獲得まであと一歩の11番手までポジションを上げる事に成功したが、無念のチェッカーとなった。
 次の富士までにはセットアップパーツが届く予定なので、トップ争いが出来るレースをお見せしたい。


関連のニュース

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング