モタスポブログ

2016.06.18

初開催なので恒例のサーキット・ウォークを@ヨーロッパGP現地情報


カナダからバクーへの連戦。日本からの取材陣にとっては、とにかくハードな移動となりました。しかし、今週は初開催ということで、ぐったりしてはいられません。現地より、ジャーナリストの尾張さんが、ぐるっとレポート。その前に、なぜかヨーロッパGP大使を務めるフェルナンド・アロンソさんから……。

フェルナンド・アロンソ

○ ○ ○ ○ ○

アゼルバイジャンって、どこ? バクーって何? という人のための、アゼルバイジャンのバクーで開催されているヨーロッパGP講座。1回目は、なんといっても初開催の舞台となる「バクー・シティ・サーキット」を紹介しましょう。

01P1880231

まずホームストレートから1コーナーを望みます。正面左手に建っているビルは「マリオット・ホテル」。コースの外側にありますが、ブリッジが目の前にあるので、事実上、F1関係者にとってはサーキットの玄関口となっています。

02P1880236

1コーナーを過ぎるとイン側にあるピットロードと合流します。白線が2コーナーの直前まで伸びていて、ちょっと危険な匂いがします。

03P1880253

前半区間は市街地にあるため、このような、ほぼ直角のコーナーが連続します。「シンガポールに似ている」と言われるのは、そのためです。

04P1880264

こちらは5コーナーから6コーナーを見ているところ。シケインのようになっていて、多くのドライバーが「ここから、本当のバクー・シティ・サーキットが始まる」と言っている難所のひとつ。

05P1880268

6コーナーから7コーナーへ向けてのストレート区間。正面に建っている「ひよこ」のようなビルは「フレーム・タワー」と言って、新しいバクーのシンボル。3棟あって、そのうちの1棟にフェアモント・ホテルが入っています。メルセデス・チームをはじめ、多くのF1関係者が、ここから徒歩でサーキットへ。

06P1880308

6コーナーから7コーナーへ向けてのストレートは、19コーナーから20コーナーへ向かう帰りのストレートと隣り合わせになっています。こんなレイアウトは史上初!?

バクー・シティ・サーキット

実際にマシンが走ると、こうなります。

07P1880324

7コーナーから振り返って、6コーナー方向を見るとわかるように、この7コーナーはクリッピングポイントが嫌らしい角度で曲がっています。ちなみに7コーナーのアウト側はブティック街となっていて、ティファニーやブルガリなどが建ち並ぶ、モナコっぽいエリア。

08P1880330

これがバクー・シティ・サーキット名物の8コーナー。ここから旧市街地に入ります。とても美しいですが、危険な匂いがプンブンします。今年で見納めになるかも……?

09P1880409

10コーナーから11コーナーにかけてのイン側。旧市街地は城壁に囲まれていて、ここが「シャマハ門」と呼ばれる旧市街地へ入る正面ゲート。ふたつ門があるので、地元の人たちは「ダブルゲート」とも呼んでいます。

P1880449

旧市街には伝統ある美しい建物が、びっしり。こちらは14コーナーのイン側にあるポーランド人の建築家ジョセフ・ゴスラブスキーが手がけた市庁舎。サーキットで最も高い地点となり、ここから下り坂が始まります。

11P1880494

15コーナーから16コーナーは最も下りの斜度がきつく、かつバックストレートへと加速していきたいため、コースオフするマシンが続出しそうなところ。

12P1880568

水曜日にコース下見をするカルロス・サインツJr.。19コーナーから、反対の道(6コーナーから7コーナーへ向かう直線)を歩くサインツを撮ったものです。

13P1880569

16コーナーからフィニッシュラインまで17・18・19・20と4つのコーナーがありますが、すべて全開なので、バクー・シティ・サーキットのコーナーは事実上16しかないようなもの。6.003kmで16しかコーナーがないのだから、高速になるのも無理はないですね。

14P1880577

こちらが魔のピットロード入口。制限速度手前がシケイン状になっているため、ドライバーたちはブレーキングをギリギリまで遅らせて曲がっていきます。ジェンソン・バトンいわく「ドライバーズミーティングで問題になるだろうね」と。

以上、バクー・シティ・サーキットより、尾張正博がお伝えしました。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

Photo Ranking

フォトランキング