モタスポブログ

2017.11.28

最後は笑顔でお別れ。マクラーレン・ホンダの最終戦/F1アブダビGP 現地情報2回目


日曜朝のヤスマリーナサーキット。

ホンダの長谷川祐介総責任者が、ひとり物思いにふけっている……。ように見えますが、

実際にはそのすぐ横にわらわらとホンダのスタッフが集まっていて、長谷川さんは単に早めに来て待っていただけだったのでした。

マクラーレン・ホンダとしての最終戦。その記念撮影に、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンも笑顔で加わってくれました。

ないものねだりなのは重々承知なのですが、これがタイトル獲得の記念撮影だったらな~(涙

その前日のチーム定例会見では、終了間際にザク・ブラウンが突然登場して、「ありがとうホンダ」のスピーチをぶったりしました。
「いつかまた再び、いっしょに組めたらと思っている」という言葉が、単なる外交辞令でないことを願っています。
あとで長谷川さんにそれについて尋ねると、「向こうから、『ぜひいっしょに』と言ってくるぐらいのパワーユニットを作ります」と言ってました。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRL/2018SGT
一瀬優美(いちのせゆうみ)

Photo Ranking

フォトランキング