ル・マン/WECニュース

2017.03.31

TOYOTA GAZOO Racing、2017年WEC勝利を目指す全面改良型TS050ハイブリッドを公開


2017年型トヨタTS050ハイブリッド

 TOYOTA GAZOO Racingは3月31日、2017年のWEC世界耐久選手権に投入するトヨタTS050ハイブリッドを発表した。ハイブリッド・システムを含めて昨年型から全面改良が施されている。

 2016年シーズンの勝利は、母国ラウンドのWEC富士で挙げた1勝に留まったトヨタ。今年はシリーズでの優勝はもちろん、昨年あと一歩まで迫った悲願のル・マン24時間制覇を目指して戦うことになる。

 この目標達成に向けて、トヨタの東富士研究所とドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)が一丸となってマシンを開発。TS050ハイブリッドのあらゆるコンポーネントに改良が加えられた。

 搭載されるパワーユニットは、改良型2.4リッターV6ツインターボエンジンと出力8MJのハイブリッドシステムを組み合わせたもの。

 改良型エンジンは燃料室が最適化されたほか、シリンダーブロックやシリンダーヘッドなどの主要部品も改良。これにより圧縮比が高められ、熱効率のさらなる向上が図られた。

 また、ターボチャージャーもサイズの見直し、インペラ形状が変更され、ターボラグが減少。インタークーラーも熱効率が改良され、高温域での性能が向上したという。
 ハイブリッド・システムは、改良された高出力リチウムイオンバッテリーが搭載され、小型化されたモーター/ジェネレーターユニット(MGU)とともに、軽量化に貢献している。

2017年型トヨタTS050ハイブリッド フロントビュー ヘッドライトにLEDを採用
2017年型トヨタTS050ハイブリッド フロントビュー ヘッドライトにLEDを採用

 ボディワークでは、今年から安全性向上のために削減されたダウンフォースを取り戻すべく空力コンセプトの見直しを実施。規定に沿ってフロントノーズの高さが引き上げられたほか、サイドポンツーンの形状が変更された。

2017年型トヨタTS050ハイブリッド サイドビュー
2017年型トヨタTS050ハイブリッド サイドビュー

 この改良型TS050ハイブリッドは、5回の開幕前テストで3万キロ以上を走破。また、4回の30時間連続耐久走行テストもクリアしているとのこと。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

SKR GAL/2017S耐
宇咲まな(うさきまな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Wed)

19日(Thu)

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)