MotoGP ニュース

投稿日: 2017.06.05 15:17

ホンダ 2017MotoGP第6戦イタリアGP 決勝レポート


MotoGP | ホンダ 2017MotoGP第6戦イタリアGP 決勝レポート

Honda勢苦戦のレース。マルケスが6位、ペドロサは転倒リタイア

2017年6月4日(日)・決勝
天候:曇り/晴れ
気温:25℃
コースコンディション:ドライ
観客:9万8269人(3日間:16万4418人)

レポート

 第6戦イタリアGPの決勝日は、午前中は雲の多い天候でしたが、午後には回復して青空が広がりました。気温は予選日よりやや低い25℃。路面温度も42℃へと下がりました。

 レースウイークの中ではややタイヤに優しいコンディションでしたが、フリー走行、予選とセットアップに苦戦したHonda勢は、決勝でも思うようなラップを刻めず、表彰台を逃す結果となりました。

 予選6番手となったディフェンディングチャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、序盤はトップグループに加わりますが、集団のペースにはついていけず、中盤から後半にかけては、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)とセカンドグループを形成。最終的に6位でフィニッシュしました。

 今季ベストグリッドである10番手から決勝に挑んだティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0)は、2戦連続で11位フィニッシュ。MotoGPクラスで2年目のシーズンを迎えるラバトは、ウインターテストでのケガの影響で調整が遅れましたが、やっと調子が上向きに。

 3日間を通して、最もいい内容でレースを終えました。チームメートのジャック・ミラーは、今年は好調なスタートを切りましたが、今大会はフロントのフィーリングに苦しみ、予選19番手、決勝15位と思うような走りができませんでした。

 この結果、ポイントランキングでは10位から12位にダウン。次戦カタルニアGPでは、再びトップ10入りを目指します。

 総合2位で今大会を迎えたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、予選5番手。決勝では、序盤からペースが上がらず、サードグループで走行を続けました。

 レース中盤は10番手前後と苦しい走りが続き、12番手を走行していた最終ラップの10コーナーでは、前を走るカル・クラッチロー(LCR Honda)を抜こうとして転倒、リタイアに終わりました。この結果、ペドロサは総合5位にダウン。ホームグランプリとなる次戦のカタルニアGPで、雪辱に挑みます。

 13番グリッドから決勝に挑んだクラッチローも、序盤からペースが上がらず苦戦。11番手を走行していた最終ラップの10コーナーでペドロサの転倒に巻き込まれ、リタイアに終わりました。この結果、総合7位から10位へとダウン。次戦カタルニアGPで巻き返しに挑みます。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Rising Angel
青山あいり(あおやまあいり)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング