MotoGP ニュース

投稿日: 2017.08.28 16:42
更新日: 2017.08.28 18:41

MotoGP:ホンダ 2017年第12戦イギリスGP 決勝レポート


MotoGP | MotoGP:ホンダ 2017年第12戦イギリスGP 決勝レポート

クラッチロー4位。惜しくも表彰台に届かず。ペドロサ7位。マルケスはリタイア

2017年8月27日(日)・決勝
天候:晴れ
気温:25℃
コースコンディション:ドライ
観客:5万6.008人(3日間:12万8.400人)

レポート

 第12戦イギリスGPは、終日青空の広がる絶好のコンディションの中で行われ、地元ファンの声援を受けたカル・クラッチロー(LCR Honda)が、トップグループに加わって4位でフィニッシュしました。クラッチローは、フロントロー3番手から5台で形成されたトップグループに加わります。

 しかし、タイヤと車体のマッチングが完全ではなく、フロントのフィーリングとリアタイヤのスピニングに苦しみ、トップグループの中でなかなか前に出ることができませんでした。

 レース中盤には前を走るマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がトラブルでリタイアとなり4番手へとポジションを上げます。しかし、ホームGPで2年連続表彰台と今季初優勝を狙っていただけに、最後までフラストレーションのたまるレースとなりました。

 この結果、クラッチローは、総合9位から総合8位へとランクを上げることに成功。総合7位のホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)に1点差、総合6位のヨハン・ザルコ(ヤマハ)に20点差としました。

 予選7番手から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が7位でフィニッシュしました。今大会は、シルバーストーンのバンピーな路面に苦戦してなかなかセットアップが進みませんでした。

 そのため予選は7番手と苦戦。決勝でもトップグループに加われない苦しい戦いとなりますが、粘り強い走りで7位でフィニッシュ。総合5位をキープしました。

 チームメートのマルケスは、今季6回目のポールポジションからトップグループに加わりますが、3番手を走行していた14周目にロングストレートエンドの7コーナーでエンジントラブルが発生してストップ。リタイアに終わりました。

 ノーポイントに終わったことでマルケスは、総合首位から総合2位にダウン。今大会優勝のアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)を9点差で追うことになりました。

 以下、Honda勢は、ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が予選21番手から12位でフィニッシュ。4戦ぶりにポイントを獲得しました。チームメートのジャック・ミラーは、予選17番手(16番グリッド)から決勝に挑み16位。ポイント獲得を果たせませんでした。


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング