MotoGP ニュース

投稿日: 2017.09.25 16:10

MotoGP:ヤマハ 2017年第14戦アラゴンGP レースレポート


MotoGP | MotoGP:ヤマハ 2017年第14戦アラゴンGP レースレポート

Rd.14 9月24日 アラゴン

RACE DATA

■大会名称:第14戦アラゴンGP
■開催日:2017年9月24日(日)決勝結果
■開催地:アラゴン/スペイン(5.077km)
■観客数:70,541人
■周回数:23週(116.771 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度■路面温度:40度
■PP:M・ビニャーレス(1分47秒635/ヤマハ)
■FL:D・ペドロサ(1分49秒140/ホンダ)

REPORT

M・ビニャーレスとV・ロッシがファイティング・スピリットを見せてそれぞれ4位と5位を獲得

 Movistar Yamaha MotoGPのM・ビニャーレスはレース終盤で徐々にペースを上げて4位を獲得。一方、怪我からわずか24日のV・ロッシは、正反対の作戦で序盤で上位に浮上。そのあと5位でチェッカーを受けた。

 ビニャーレスはスタートでやや遅れたが、素早く取り戻して2番手へ浮上。しかしそのあともしばらくグリップに苦しみ、その間にロッシ、A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)、M・マルケス(ホンダ)に先行されてしまう。

 ターニングポイントになったのは3ラップ目。ようやくリズムをつかむと着実に前車との差を詰め始め、6ラップ目にはドビツィオーゾにプレッシャーをかけて5番手に浮上。さらにその前を行くロッシを追いかけた。

 ビニャーレスの走りは順調だったが、ロッシも簡単には4番手の座を渡さない。ファクトリー・ヤマハの2台による接近戦に、サーキットに詰めかけた大勢のファンの目が釘付けになった。そして残り3ラップ、ビニャーレスがついにロッシをパスして4番手へ浮上。さらに上を目指したいところだったが、このときすでに3番手との差が大きくなっていたため、そのまま4位でチェッカーを受けた。トップとの差は5.256秒。

 エンデューロ走行中の怪我後、初めてのレースに臨んだロッシを大勢のファンが見守るなかで、スタートはやや出遅れて3番手で第1コーナーへ。そして前方で奮闘するビニャーレスに一気に近づいて、これをパス。2ラップ目には真っ先に1分49秒334のベストタイムを記録し、勢いに乗ってトップとの差を縮めていった。

 ロッシは脚の痛みをものともせずに最大限のプッシュ。トップ4台がますます接近するなか2番手を走行するロッシは、後続のマルケスとドビツィオーゾを抑えながらトップのJ・ロレンソ(ドゥカティ)にプレッシャーをかけていった。

 残り11ラップあたりから疲れが見えたロッシは、わずかにペースを下げてマルケスとD・ペドロサ(ホンダ)に先行を許す。しかしそのあとは持ち前のファイティング・スピリットをふり絞ってチームメイトと激しい4位争いを展開し、トップから5.882秒差の5位でゴールした。

 この結果、シリーズポイントではビニャーレスが合計196ポイントでランキング3位をキープし、トップを28ポイント差で追う状況。ロッシは合計168ポイントまで伸ばしたものの、ランキングではひとつ下げて5位となった。コンストラクターズ・ランキングではトップから17ポイント差の2位。チーム・ランキングでは30ポイント差の2位となっている。
Yamaha Factory Racing Teamはこのあとアジアへ。3週間後、ヤマハの地元レースとなる日本GPをツインリンクもてぎで迎える。


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング