MotoGP ニュース

投稿日: 2017.10.24 16:28

MotoGP:ヤマハ 2017年第16戦オーストラリアGP レースレポート


MotoGP | MotoGP:ヤマハ 2017年第16戦オーストラリアGP レースレポート

Rd.16 10月22日 オーストラリア

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第16戦オーストラリアGP
■開催日:2017年10月22日(日)決勝結果
■開催地:フィリップアイランド/オーストラリア(4.445km)
▪️周回数:27周(120.096 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:16度 ■路面温度:29度
■PP:M・マルケス(1分28秒386/ホンダ)
■FL:J・ザルコ(1分29秒572/ヤマハ)

REPORT

V・ロッシとM・ビニャーレスが2位と3位でダブル表彰台獲得

 Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとM・ビニャーレスは、7台による激しいトップ争いを果敢に走り切って2位と3位を獲得。ダブル表彰台はチームにとって、今季4回目の快挙となった。

 ロッシはグリッド7番手から好スタート。すぐに5番手につけ、プッシュを続けてビニャーレスの後ろの4番手に上がって1ラップ目を終了した。その後J・ザルコとのバトルのなかで一時5番手に後退したが、M・マルケス(ホンダ)とザルコがコーナーではらむ間に3番手へ浮上。さらにビニャーレスをパスし、5ラップ目にはJ・ミラー(ホンダ)をとらえてトップに躍り出た。

 しかしその後も混沌とした状態が続く。ロッシは第4コーナーではらみ、ザルコとマルケス、そしてしばらくしてミラーにも先行を許してしまう。数台が激しく順位を入れ替える混乱のなかで、ロッシは再び果敢にプッシュしてトップへの返り咲きを目指していった。

 残り8ラップ。2番手を走行していたロッシにマルケスのフロントホイールが接触。これで4番手に後退するも最後の4ラップで復活を期す。第1セクションと第2セクションで繰り返し自己ベストを更新しながら攻め続け、ついには再び2番手に上がって最終ラップに突入した。この時点でトップのマルケスとの差は2秒まで広がっていたため、ロッシはザルコとビニャーレスの追撃を抑えることに集中。そしてトップから1.799秒差の2位でチェッカーを受け、自己通算17回目となるフィリップアイランドの表彰台に上った。

 一方のビニャーレスは好スタートを切り、トップのミラー、2番手のマルケスについて行く。2ラップ後にタイヤが暖まってからペース上げてマルケスをパス。そのあとロッシに先行を許したが、離されることなくともにトップを追いかけていった。

 ロッシがミラーをとらえると、ビニャーレスはまとめてふたりをパス。これで一時トップに立ったが、次の瞬間にはマルケス、ザルコ、ミラーとのバトルに飲み込まれて5番手まで後退してしまう。

バレンティーノ・ロッシとヨハン・ザルコの争い
バレンティーノ・ロッシとヨハン・ザルコの争い

 ロッシが果敢に仕掛ける一方で、ビニャーレスはひとつずつ慎重にポジションを上げてゆく作戦。しかし前方では依然として激しいポジション争いが続いており、また後方から攻め立てるザルコとA・イアンノーネ(スズキ)に押し出される格好で7番手まで後退してしまったため、再び身体を伏せてペースアップを余儀なくされた。そして残り5ラップでミラーとC・クラッチロー(ホンダ)をとらえ、さらにイアンノーネとザルコをパスして3番手に浮上。トップから1.826秒差の3位でチェッカーを受けた。

 この結果、ビニャーレスはランキングトップから50ポイント差のランキング3位。ロッシは81ポイント差の4位につけている。ヤマハはコンストラクターズ・ランキングで2位へ浮上。Movistar Yamaha MotoGPはチームランキングで2位につけている。

 来週はセパン・インターナショナル・サーキットで行われるマレーシアGPに出場する。

ザルコ僅差の4位でルーキーオブザイヤーを獲得!パークスはホームGPで完走

 Monster Yamaha Tech3 TeamのJ・ザルコが終始、トップ争いを展開。僅差で表彰台を逃し4位でチェッカーを受けた。

2017年MotoGP第16戦オーストラリアGP
2017年MotoGP第16戦オーストラリアGP

 3番手からスタートしたザルコは一旦、順位を下げたが、少しずつ追い上げて9ラップ目にはトップに浮上。その後はトップグループのなかで何度かポジションを入れ替えながら果敢に走り切り、最終的には3位に0.016秒差の4位となった。この活躍によりルーキー・オブ・ザ・イヤーを確実にしている。

 一方、欠場中のJ・フォルガーに代わって出場したB・パークスは、YZR-M1のデビューレースで力強い走り。MotoGPのベテランライダーたちに戦いを挑み、22位で走り切った。


本日のレースクイーン

BUSOU
安藤麻貴(あんどうまき)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング