MotoGP ニュース

投稿日: 2017.11.13 19:45
更新日: 2017.11.13 20:19

MotoGP:ホンダ・チーム・アジアが2018年の参戦体制を発表。青山博一が監督に就任


MotoGP | MotoGP:ホンダ・チーム・アジアが2018年の参戦体制を発表。青山博一が監督に就任

「鳥羽選手とナカリン選手は、彼らがアジアタレントカップ、CEVレプソルインターナショナル選手権で走っている頃から知っているライダーたちです。それぞれのキャラクターも分かっているので、彼らがMoto3の選手としてさらに成長できるような環境を整えたいと考えています」

「アジア人ライダーとして次代を担っていく長島選手、パウィ選手に、私がライダーとして積み重ねてきた10年間の経験を、成功も失敗も含め全て伝えたいと考えています。Moto2クラスでよりいい結果が出せるよう彼らを全力でサポートし、中上選手のようにMotoGPクラスに昇格ができることを期待しています」

 チーム・アジアからMoto3クラスへの継続参戦が決まった鳥羽。2017年はランキング30位でシーズンを終えている。

「今シーズンは世界選手権への参戦1年目で苦戦しましたが、多くのことを学ぶことができました」と鳥羽。

「来シーズンは青山さんが監督になられますが、青山さんは2015年のCEV Moto3参戦時から、コースサイドで自分の走りを見てくださっているので、自分のことをよく分かっていただけていると思います」

「今期の経験を活かし、また、青山さんのアドバイスをいただきながら、チャンピオン争いができるよう、オフシーズンからしっかりと準備をしてがんばります」

 中上の後任として新たに加入する長島は、1992年生まれの25歳。2014年からMotoGPのMoto2クラスにフル参戦を開始するが、ケガによりシーズン後半を棒に振った。2015年からはFIM CEVレプソルインターナショナル選手権Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップに参戦、2016年にランキング2位を獲得した。2017年は再び戦いの場をMotoGPのMoto2クラスに移し、ランキング26位でシーズンを終えている。

「来年度より、イデミツ・ホンダ・チーム・アジアの一員になれることを光栄に思います。ご協力いただいたホンダの皆さまをはじめ、多くの方々に支えられて来シーズンをともに戦えることに心より感謝しています」と長島。

「来シーズンは青山さんがチーム監督になられるということで、250cc世界チャンピオンを獲得した青山さんのもとで、ライディングはもとよりレースに対する姿勢やトレーニング方法など、多くのことを学びたいと思います」

「Moto2クラス参戦2年目となる来シーズンは、表彰台の獲得を目指し、ライダーとして成長した姿を皆さまにお見せできるように日々精進していきます。これからも応援のほど、よろしくお願いします」


関連のニュース