MotoGP ニュース

投稿日: 2018.05.15 15:51

ヤマハのアーロン・プレシンジャー、AMAスーパークロス初戴冠


MotoGP | ヤマハのアーロン・プレシンジャー、AMAスーパークロス初戴冠

アーロン・プレシンジャー選手が自身初のチャンピオンを獲得
AMAスーパークロス250SXウエスト

 2018年5月5日(土)、AMAスーパークロス選手権 250SXウエスト・第10戦ラスベガス大会(最終戦)で、『Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing』からYZ250Fで250SXウエストに参戦するアーロン・プレシンジャー選手が、自身初となるチャンピオンを獲得しました。

 プレシンジャー選手は2015シーズンにAMAデビューを果たし、250SXウエストに参戦してランキング5位とすると、2016シーズンは250SXイーストで初優勝をあげるとともにランキング2位を獲得。さらに昨シーズンは250SXウエストでランキング3位と着実に成長を遂げてきました。

 迎えた2018シーズンは、開幕戦で2位表彰台、第2戦では初優勝を飾りポイントリーダーに立ちます。続く第3戦は6位となりますが、第4・5戦で連勝しランキングトップに再浮上。その後も第8戦で優勝するなど、ランキング2位のライバルに13ポイント差でラスベガス大会に臨みました。
 
 この最終戦でプレシンジャー選手は、スタートで出遅れ1周目を11番手で通過するも序盤で8番手まで挽回。途中、クラッシュしそうな場面もありましたが、タイトルを争うライバルがトップに立った後もチャンピオンシップを見据えた堅実な走りでポジションをキープし8位でゴール、2ポイント差でライバルを振り切り、250SXウエストのチャンピオンに輝きました。

 なお最高峰の450SXでは、『Monster Energy/Yamaha Factory Racing Team』のクーパー・ウェブ選手がランキング9位、ジャスティン・バーシア選手がランキング10位。250SXイーストでは、ヤマハユーザーのルーク・レンズランド選手がランキング5位を獲得しました。

アーロン・プレシンジャー(Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing)
AMAスーパークロス選手権 250SXウエストの新チャンピオンとなったアーロン・プレシンジャー


本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング