MotoGP ニュース

投稿日: 2018.11.04 20:02
更新日: 2018.11.04 20:05

モリワキの清成龍一が路面コンディションを読み切り11年ぶり優勝/全日本ロードJSB1000最終戦レース2


MotoGP | モリワキの清成龍一が路面コンディションを読み切り11年ぶり優勝/全日本ロードJSB1000最終戦レース2

 全日本ロードレース選手権最終戦・鈴鹿大会のレース2は、清成龍一(KYB MORIWAKI MOTUL RACING)が11年ぶりの優勝を飾った。ウエット路面が場所によって乾き始めるという難しいコンディションで、清成は他の追随を許さずにハイペースで走行。2位中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)に23秒の大差をつけて独走優勝を果たした。3位は高橋巧(Team HRC)。


本日のレースクイーン

データシステム
白浜美来(しらはまみく)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング