MotoGP ニュース

投稿日: 2019.05.28 00:34
更新日: 2019.05.28 00:44

0.002秒差の劇的な結末となったST600。気になる市販車両の展示も/全日本ロード第3戦トピックス


MotoGP | 0.002秒差の劇的な結末となったST600。気になる市販車両の展示も/全日本ロード第3戦トピックス

 第3戦SUGOのレースウイーク中には、J-GP2クラスに参戦する名越哲平がMotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラスにイデミツ・ホンダ・チーム・アジアから代役参戦することが発表された。

名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO.)
名越哲平(MuSASHi RT HARC-PRO.)

 SUGO戦では2位表彰台を獲得した名越。レース後の会見で「レースウイークに入ってMotoGPイタリアGPへのスポット参戦が発表されたので、今回は優勝してイタリアへ行きたかったので残念です」と初めて挑むMoto2デビュー戦に向けコメントする。

「Moto2クラスへのスポット参戦は無謀な挑戦だとは思っていますが高いレベルの場所に自分を置くことで今後の全日本で必ず活きると思っています。世界トップレベルの走りを間近で見て、真似て、吸収して、成長して日本に帰ってきて次戦筑波で結果を出したいと思っています」

■ST600クラスは0.002秒差の劇的な結末に

ST600のスタートシーン
ST600のスタートシーン

 激戦区のST600クラスはファイナルラップで岡本裕生(51ガレージ ニトロレーシング)と小山知良(日本郵便 HondaDream TP)が激しいバトルを繰り広げ、最後はほぼ同時にチェッカー。結果は0.002秒差とい超僅差で小山がトップチェッカーとなり、今シーズン初優勝を飾った。

最終周での岡本裕生(51ガレージ ニトロレーシング)と小山知良(日本郵便 HondaDream TP)のバトル
最終周での岡本裕生(51ガレージ ニトロレーシング)と小山知良(日本郵便 HondaDream TP)のバトル
0.002秒差で勝利した小山知良(日本郵便 HondaDream TP)
0.002秒差で勝利した小山知良(日本郵便 HondaDream TP)

「マシンの特性でそれぞれストロングポイントが違うのですが、決勝では、このレースウイークで初めてバックストレートが追い風でした。最終ラップまで19回トライして、20回目で成功した感じです」と小山は岡本との戦いを振り返る。

「過去、SUGOで2度チャンピオンを失っていますし、ライダー人生を左右するようなケガもしているので、今回の優勝は本当に大きいと思います。大きな自信になりました。この調子で次戦、筑波もいきたいですね」

レース後にお互いを称え合う岡本と小山
レース後にお互いを称え合う岡本裕生と小山知良

■パノラマ広場に展示された気になる市販車両

ヤマハTECH21(テック21)チームの復刻カラーをまとったヤマハYZF-R1
ヤマハTECH21(テック21)チームの復刻カラーをまとったヤマハYZF-R1

 パノラマ広場のヤマハブースでは、5月22日にお披露目された鈴鹿8耐を戦うヤマハTECH21(テック21)チームの復刻カラーをまとったヤマハYZF-R1が展示されていた。

写真を感慨深く見つめるファンも
写真を感慨深く見つめるファンも

 レセプションホール2階では、ヤマハの鈴鹿8耐参戦ヒストリーが写真パネルで展示されており、当時を知ると思われるファンは感慨深く写真を閲覧していた。

ホンダブースに展示されたTem HRCのカラーリングをまとったホンダCBR1000RR
ホンダブースに展示されたTem HRCのカラーリングをまとったホンダCBR1000RR

 一方、ホンダブースでは何やら気になる車両が展示されていた。それがTeam HRCのカラーリングをまとったホンダCBR1000RRの市販車だ。

ホンダブースに展示されたTem HRCのカラーリングをまとったホンダCBR1000RR
ホンダブースに展示されたTem HRCのカラーリングをまとったホンダCBR1000RR

 このCBRのホイールやステップ、スクリーンは純正とは違うパーツが装備されており、エンジンカバー、レバーガード、フェンダーレスといったカスタムパーツも使用されていた。

 市販されているCBRのレプリカカラーと言えば、MotoGPに参戦するレプソル・ホンダ・チームのカラーリングがモデルチェンジするたびに登場しているが、SC77型のCBRではHRCのワークスレプリカが市販車として登場するのだろか。

アンダーカウルにはJSB1000と同じくスポンサーステッカーが貼られる
アンダーカウルにはJSB1000と同じくスポンサーステッカーが貼られる

関連のニュース