MotoGP ニュース

投稿日: 2019.09.01 15:30
更新日: 2019.09.01 21:08

ヤマハ野左根が歓喜のバーンナウト。雨の岡山を独走で制し2年ぶり優勝/全日本ロード第6戦決勝


MotoGP | ヤマハ野左根が歓喜のバーンナウト。雨の岡山を独走で制し2年ぶり優勝/全日本ロード第6戦決勝

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは9月1日、岡山国際サーキットで第6戦の決勝レースが行われ、野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝し、2019年シーズン初勝利を挙げた。

 全日本ロード第6戦岡山は、1レース制での開催。決勝レースは24周で争われる。前日に行われた予選は中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)がポールポジションを獲得。2番手は水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)、3番手は野左根というフロントロウとなった。第5戦もてぎ前のプライベートテストで転倒を喫し負傷中の高橋巧は4番手で予選を終えている。