MotoGP ニュース

投稿日: 2020.03.23 16:31
更新日: 2020.03.23 16:38

全日本ロードの2020年エントリーリストが発表。JSB1000は17台、ST1000は20台が参戦


MotoGP | 全日本ロードの2020年エントリーリストが発表。JSB1000は17台、ST1000は20台が参戦

 2020年シーズン全日本ロードレース選手権のエントリーリストが3月18日、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が運営するMFJ SUPERBIKE Official Fan-siteで発表された。最高峰クラスであるJSB1000クラスは、17台がフルエントリー。2020年シーズンから新設されるST1000クラスには20台が参戦する。

 JSB1000クラスは既報のとおり、ヤマハ勢は通算9度のチャンピオンに輝いた中須賀克行と、2019年にランキング3位となった野左根航汰が『YAMAHA FACTORY RACING TEAM』から参戦。ユースチームの『YAMALUBE RACING TEAM』からは、前田恵助が継続参戦となる。

 ホンダ勢は『MuSASHi RT HARC-PRO.Honda』から水野涼。伊藤真一が監督を務める新チームの『Keihin Honda Dream SI Racing』には、2019年シーズンにスーパーバイク世界選手権(SBK)を戦っていた清成龍一、そしてJSB1000クラスをカワサキで戦っていた渡辺一馬が加入する。