MotoGP ニュース

投稿日: 2020.09.18 22:20
更新日: 2020.09.18 22:44

MotoGP第8戦:タイム差0.1秒以内の戦いを制し、KTMのビンダーが初日総合トップ。中上は0.002秒差の2番手に躍進


MotoGP | MotoGP第8戦:タイム差0.1秒以内の戦いを制し、KTMのビンダーが初日総合トップ。中上は0.002秒差の2番手に躍進

 MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目、2回目がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、MotoGPクラスはブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が初日総合トップ。さらに中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が総合2番手で初日を終えた。

 第7戦に続き、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリでの開催となった第8戦。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は今大会も欠場となり、ステファン・ブラドルが代役としてフリー走行1回目に出走した。


本日のレースクイーン

BPR SOUL ANGEL
REIKA(れいか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング