MotoGP ニュース

投稿日: 2016.11.10 15:20
更新日: 2016.11.10 18:01

TOHO Racing 全日本ロード第9戦鈴鹿 レースレポート


MotoGP | TOHO Racing 全日本ロード第9戦鈴鹿 レースレポート

2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦第48回MFJグランプリスーパーバイクレースin 鈴鹿三重県・鈴鹿サーキット(1周=5.821km)
TOHO Racing レースレポートJSB1000クラス#104 山口辰也

 
11月5日(土曜日) 天候:晴れ路面:ドライ
公式予選/RACE1:2’07″196 7番手/RACE2:2’07″629 8番手

11月6日(日曜日) 天候:晴れ路面:ドライ
決勝/RACE1:8位(8周)/RACE2:5位(20周)

開催地:三重県・鈴鹿サーキット(1周=5,821km)
入場者数:25,500人(土・日合計)

 劇的な岡山国際サーキットでの優勝から早くも1カ月以上の月日が流れ、全日本ロードレース選手権は、シリーズ最終戦を三重県・鈴鹿サーキットで迎えた。最終戦MFJ-GPも、前戦に続き2レース制となっており、レース1はわずか8周の超スプリント、レース2は戦略が必要な20周で争われた。今回は、事前テストがなく木曜日からレースウイークがスタート。

 その間、山口は、トレーニングに励んでいたが、モトクロスで転倒し、またも左足の中指にヒビを入れていた。実際に走ってみると、痛みはあったがライディングに影響はなかった。それよりも約40日振りに乗るJSB1000マシン、そしてスピードを乗せて走る鈴鹿というコースもあり、まずは身体と目を慣らすところからのスタートとなっていた。

 金曜からタイヤ選択を行いマシンのセットアップを進め、目標としている2分06秒台を出そうと、攻めのセッティングをTOHO Racing一丸となって進めて行った。公式予選は、今回もノックアウト方式となり、30分のQ1でレース2のグリッド、Q1の上位10台によってQ2が争われた。

 Q1では、まずマシンの状態を確認し、いいフィーリングだった。計測2周目に2分07秒629をマーク。これがQ1でのベストタイムとなり8番手につける。区間ベストを計ると2分06秒台には届かなかったが、2分07秒台フラットまでは行けそうな手応えがあった。

 Q2に向けてセットを詰め、ニュータイヤを入れてタイムアタックを敢行。自己ベストを更新する2分07秒196をたたき出しレース1は、7番手グリッドとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん(あのん)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング