MotoGP ニュース

投稿日: 2020.11.18 14:24
更新日: 2020.11.18 14:25

ヤマハ、ロードスポーツ『MT-07 ABS』をマイナーチェンジ。2021年春以降に国内で発売


MotoGP | ヤマハ、ロードスポーツ『MT-07 ABS』をマイナーチェンジ。2021年春以降に国内で発売

2020年11月4日プレスリリース

ロードスポーツ「MT-07 ABS」をマイナーチェンジ ~次世代MTシリーズのスタイリングに刷新~

 ヤマハ発動機株式会社は、「クロスプレーン・コンセプト」※に基づき開発した水冷・4ストローク・DOHC・2気筒・4バルブ・689cm3・270度クランクエンジンを搭載するロードスポーツ「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、欧州向けに発売します。また、2021年春以降に日本での発売を予定しています。

 今回の「MT-07 ABS」は、「Accessible MT with a Fitter Body」をコンセプトに開発しました。幅広いライダーから支持を得ているCP2(クロスプレーン・コンセプトの2気筒)エンジンの特性を継承しながら、新しいデザインを採用し、さらに総合的なパフォーマンスを向上させています。

 新たな特徴は、1)EU5適合CP2エンジン、2)より快適でアップライトなライディングポジション、3)バイファンクションLEDヘッドランプ(Hi-Lo一体)とLEDポジションランプ、フラッシャーランプ、4)次世代MTシリーズへ進化したスタイリングなどです。

※クロスプレーン・コンセプトは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想。

ヤマハMT-07 ABSディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
ヤマハMT-07 ABSディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
ヤマハMT-07 ABSマットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

【2021年モデルの新たな特徴】

1)EU5適合CP2エンジン
 クロスプレーン・コンセプトに基づいた689cm3・水冷・2気筒・270度クランクの最新CP2エンジンを搭載。80.0mm x 68.6mmのボアストローク、11.5:1の圧縮比から、最高出力54.0kW/8,750r/min、最大トルク67.0N・m/6,500 r/minを発揮します。
 EU5適合化を図りながらエアダクト、排気系仕様変更(新型の「2into1エキパイ・マフラー一体型」)、ECU仕様変更、FIセッティング最適化などを織り込むことでスロットル微開の低速域での、リニアなレスポンス特性に磨きをかけました。
 その他、耐摩耗性に優れたバルブシート採用(排気側)、ミッションのドッグ角変更で再加速時のダイレクト感向上(2速・3速)、触媒位置変更、 O2センサー位置変更などを行っています。
 これらによって従来モデル比でトルクの出力特性は滑らかになっており、優れた加速特性を実現しています。

2)より快適でアップライトなライディングポジション
 燃料タンクカバー周りのデザインを一新しました。燃料タンクカバー周りを構成するパーツを従来の9個から8個へ減らし、フレームカバーをアルミダイキャストから樹脂製に変更。ニーグリップ部の形状と立体感は、スポーツ走行時のホールド感に貢献します。
 また、新たにアルミ製テーパーハンドルを採用しました。左右幅を32mm広く、ハンドル高を12mm高く設定し、幅広い体格のライダーにフィットし、ゆったりとした乗車姿勢を確保しています。

3)バイファンクションLEDヘッドランプ(Hi-Lo一体)とLEDポジションランプ、フラッシャーランプ
 鮮明な照射範囲と配光を備え、ロービームとハイビームを一体型としたバイファンクションLEDヘッドランプを採用しました。ロービームは、照射エリアとエリア外の境界の明暗差が少なく穏やかなので、境界付近での良好な視認性を得られます。このヘッドランプはコントロールユニットをタンデムシート下に設置しており、よりコンパクトなフロントフェイスに貢献しています。
 また、フラッシャーランプとポジションランプには、「MT-07」初のLEDを採用しました。ポジションランプは左右に独立しており、コンパクトなヘッドランプ周りによって一目で「MT-07」と分かるデザインに仕上げました。

4)次世代MTシリーズへ進化したスタイリング
 2013年の初代以降2度目のアップデートで、第3世代MTシリーズとしてスタイリングも進化しました。
 ヘッドランプなど新しいデザインのコンポーネントを織り込みながら、最低限の構造体を魅力的な造形でまとめつつ、ヘッドランプ周辺の各パーツ類をエンジン中心方向に大胆に寄せ、MTらしい引き締まった“塊”のイメージを再現しています。加えて、LEDポジションランプにイニシャル「Y」モチーフを取り込み第3世代MTシリーズの象徴としています。
 またサイドビューでは、MTシリーズのトルク&パワー感を視覚的に強く訴えかけるために、エアフローの動きを取り込んだスタイリングとしています。一方、トップビューでは、空気を取り込み張り出したイメージのタンクカバーとライダーの自由な動きをサポートするスリムなシートエリアの対比で大きな抑揚を作り、前に突き進むパワーを表現しています。

ヤマハMT-07 ABSディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
ヤマハMT-07 ABSディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
ヤマハMT-07 ABSマットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
ヤマハMT-07 ABSマットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング