MotoGP ニュース

投稿日: 2016.04.02 03:04
更新日: 2016.04.02 09:00

MotoGP第2戦アルゼンチンGP初日:マルケスが総合トップ。王者ロレンソは苦戦


MotoGP | MotoGP第2戦アルゼンチンGP初日:マルケスが総合トップ。王者ロレンソは苦戦

 MotoGP第2戦アルゼンチンGP、MotoGPクラスは、アルゼンチンのアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで1日目の2回のフリー走行を行い、マルク・マルケス(ホンダ)が初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共にドライコンディションで行われたが、路面が汚れており、昨年に比べてペースが上がらなかった。マルケスは1回目を2番手で終えたが、マシンのスライドが激しく苦戦。2回目のセッションでは開始5分すぎにリーダーボードのトップに立つと、その後、4回ファステストを更新し、残り2分で1分41秒579のベストラップを記録したが、昨年のフリー走行2回目のベストタイム(1分38秒776)と比較すると、約3秒遅れのタイムとなった。

 総合2番手に、1分41秒604でダニ・ペドロサ(ホンダ)が続き、レプソル・ホンダが初日ワンツー。総合3番手に1分42秒047でマーベリック・ビニャーレス(スズキ)が続いた。ビニャーレスは2回目のセッション中盤に3コーナーで転倒を喫してしまったが、幸い身体にダメージはなく、セッション終盤にベストラップを記録している。

 総合4番手に1分42秒375でジャック・ミラー(ホンダ)、総合5番手に1分42秒451でカル・クロッチロウ(ホンダ)とホンダサテライト勢が続き、総合6番手に1分42秒458でスコット・レディング(ドゥカティ)。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)はフリー走行2回目ではフロントにハード、リアにソフトコンパウンドのタイヤの組み合わせを試すなどしていたが、1分42秒565で初日総合7番手に。


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング