MotoGP ニュース

投稿日: 2022.08.25 20:44
更新日: 2022.09.21 15:45

日本人のワン・ツーは21年ぶり。佐々木歩夢、鈴木竜生がダブル表彰台「ノーミスで走ることができた」/MotoGP第13戦オーストリアGP


MotoGP | 日本人のワン・ツーは21年ぶり。佐々木歩夢、鈴木竜生がダブル表彰台「ノーミスで走ることができた」/MotoGP第13戦オーストリアGP

 8月21日、2022年MotoGP第13戦オーストリアGP Moto3クラスの決勝がオーストリアのレッドブル・リンクで行われ、佐々木歩夢(Sterilgarda Husqvarna Max)が優勝、鈴木竜生(Leopard Racing)が2位表彰台と日本人がダブル表彰台を獲得した。

 予選Q2にダイレクトで進出した佐々木は、1分41秒244を記録して2番グリッド獲得した。しかし、前戦の第12戦イギリスGPでの転倒があり、決勝レースではダブルロングラップペナルティを課されることが決まっていた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TWS PRINCESS
桐生もえこ(きりゅうもえこ)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング