クルマ ニュース

投稿日: 2017.04.13 11:16
更新日: 2017.04.13 15:20

北米ホンダ、燃料電池車『クラリティ』のPHEV、EVタイプをNYショーでワールドプレミア


クルマ | 北米ホンダ、燃料電池車『クラリティ』のPHEV、EVタイプをNYショーでワールドプレミア

2017年4月13日
プレスリリース

2017年ニューヨークオートショーで「CLARITY PLUG-IN HYBRID」と「CLARITY ELECTRIC」を世界初公開

 Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間2017年4月12日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaは、2017年ニューヨークオートショー(プレスデー:4月12日~13日、一般公開日:4月14日~23日)において、「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ・プラグインハイブリッド)」※1と「CLARITY ELECTRIC(クラリティ・エレクトリック)」※1を世界初公開しました。

クラリティ・プラグインハイブリッド
クラリティ・プラグインハイブリッド

 クラリティ・プラグインハイブリッドとクラリティ エレクトリックは、2016年3月に日本で発表した「CLARITY FUEL CELL(クラリティ・フューエルセル)」と共通のプラットフォームを使用したプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)です。

 世界で初めて※2同一プラットフォームにPHEV、EV、燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレインを取り揃え、広く上質な室内空間を誇る5人乗りミドルサイズクラスセダンに新しい価値をもたらします。

「CLARITY(クラリティ)」シリーズにより、Hondaが2030年に向けて掲げる「四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2をPHEVとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える」という目標達成に向けて電動化を推進します。

クラリティ・プラグインハイブリッド
クラリティ・プラグインハイブリッド

 クラリティ・プラグインハイブリッドは、17kWhのバッテリーを搭載し、これまでのミドルサイズクラスのプラグインハイブリッドで最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行を可能にしています。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング