クルマ ニュース

2019.08.13

ポルシェ、『カイエン』に新型PHEVモデル投入。V8エンジン+モーターで680PS発揮


クルマ | ポルシェ、『カイエン』に新型PHEVモデル投入。V8エンジン+モーターで680PS発揮

●標準装備のフルコネクティビティと補助エアコン

 すべてのカイエンモデルには、フルコネクティビティが標準装備されます。これによって、リアルタイム交通情報、スマートなオンラインボイスコントロール、公共充電ステーションの検索を含む広範なPorsche Connectサービスを備えたオンラインナビゲーションが可能になります。ニューモデルイヤーの切り替わりと時を同じくしてカイエンではワイヤレスAppleCarPlayと新しいUSB-Cポートがオプション設定可能となりました。
 
 また、ポルシェのすべてのハイブリッドモデルには、補助エアコンが標準装備されます。これは、PCMとPorsche Connectアプリを介して直接遠隔制御可能で、イグニッションスイッチがオフの場合でも車両の暖房と冷房をかけることができます。

 すべてのカイエンモデルは、LEDヘッドライト、制限速度機能を備えたクルーズコントロールシステム、カメラベースの歩行者保護、フロントとリアのパークアシスト(カイエンクーペはリアビューカメラシステムを含む)を備えます。追加オプションには、LEDマトリックスヘッドライト、ヘッドアップディスプレイ、熱探知カメラ付ナイトアシスト、およびレーンキープアシストが含まれます。

●ダブルデビュー:V6およびV8ハイブリッドとしてのカイエンクーペ

 カイエンクーペによって、ポルシェは成功を収めたSUVラインナップにさらにスポーティなバリエーションを追加しました。
 
 クーペのハイライトには、ユニークなルーフとリアセクションを備えたシャープなライン、アダプティブリアスポイラー、2席の個別シートの特徴を備えたリアシートベンチ、および標準装備のパノラミック固定ガラスルーフとオプションのカーボンルーフの2つの異なるルーフデザインが含まれます。
 
 カイエンクーペは、通常のカイエンと同様に4.0リッターV8ツインターボエンジンの組み合わせと、3.0リッターV6ターボエンジンの組み合わせの2つのハイブリッドバージョンが用意されています。
 
 ニューカイエンEハイブリッドクーペのシステム出力は340kW(462PS)で、システムトルクは700N・mです。標準装備のスポーツクロノパッケージとの組み合わせで、静止状態から100km/hまでを5.1秒(ライトウエイトスポーツパッケージは5.0秒)で加速し、最高速度は253km/hに達します。
 
 平均消費量(NEDC)は、3.2-3.1リッター/100km(燃料)および18.7-17.7kWh/100km(電気)です。純粋な電気駆動のみによる航続距離は最大43kmです。

ポルシェカスタマーケアセンター:0120-846-911
ホームページ:http://www.porsche.com/japan/

ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ/エクステリア・サイド
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ/エクステリア・サイド
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/エクステリア・フロント
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/エクステリア・フロント
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(手前)とカイエン ターボS Eハイブリッド クーペ(奥)
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(手前)とカイエン ターボS Eハイブリッド クーペ(奥)


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

T-DASH JLOC エンジェル
姫山愛菜(ひめやまあいな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング