クルマニュース

2017.03.03

アウディ、新型RS3 Sportbackをジュネーブショーに出展へ


2017/03/03

新型Audi RS 3 Sportback、新しいエンジンとよりシャープになった外観のAudi RS 3 Sportbackをジュネーブ国際モーターショーに出品

>至高のドライビングプレジャーを提供する400hpの5気筒エンジン
>RSデザインを強く印象付ける広いトレッドと張り出したサイドシル
>ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミア

 アウディは、2016年のパリ モーターショーにおけるAudi RS 3 Sedanのデビューに続き、今回ジュネーブ国際モーターショーで新型のAudi RS 3 Sportbackを、発売に先駆けて公開します。量産モデルとしては世界一パワフルな5気筒エンジンと、卓越したハンドリング性能、一層シャープに洗練されたスタイリングを持つこのモデルは、感動的なドライビング体験を提供するでしょう。

 Audi Sport GmbH最高経営責任者(CEO)のステファン ヴィンケルマンは次のように述べています。「Audi RS 3 Sportbackは、RSという魅力溢れる世界へお客様を誘います。2011年の発売以来、Audi RS 3 Sportbackは市場で大きな成功を収めてきました。今回さらにパワーアップした5気筒エンジンを得て、パフォーマンスの面でもクラスの頂点に立ったAudi RS 3 Sportbackは、今後も好調さを維持するでしょう。」

アウディRS3 Sportback
アウディRS3 Sportback

0-100km/hを4.1秒で加速

 Audi RS 3 Sportbackの高性能を支えているのは、量産車としては世界一パワフルな5気筒エンジンである2.5 TFSIです。このエンジンは、先代ユニットより33hp高い294kW(400hp)のパワーを発生する一方で、アルミ合金製のクランクケースの採用などにより、重量を26kgも削減しています。480Nmの最大トルクは、1,700rpmという低回転から発生し、そのまま5,850rpmまで維持されます。それにより、Audi RS 3 Sportbackは0-100kmをわずか4.1秒で加速します。この類希な瞬発力に、5気筒ならではのサウンドが伴って、ドライバーの感性を刺激します。このサウンドは、隣り合った気筒と離れた気筒が交互に爆発するというアウディ5気筒特有の点火シーケンスから生み出されています。電子制御により通常250km/hに制限されている最高速度は、オプションで280km/hまで引き上げることができます。

 新しい2.5 TFSIは、より理想的な混合気を生成するため、インテークマニフォールドと燃焼室の両方に噴射装置を備えたデュアルインジェクションを採用しています。その一方で、排気側にもアウディバルブリフトシステムを採用し、スロットル開度やエンジンスピードに応じてバルブが開く時間をコントロールして、低~中間負荷領域では燃料消費を抑えつつ、全負荷領域ではパワーとレスポンスを向上させています。その結果、Audi RS 3 Sportbackは新欧州ドライビングサイクル(NEDC)で、100km走行あたり8.3ℓという優れた燃費効率を達成しています。これは、CO2排出量に換算すると189g/kmに相当します。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングレースクイーン/2017SGT
柳本絵美(やなぎもとえみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)