クルマ ニュース

投稿日: 2017.03.07 11:08

VW、ジュネーブショーで新プレミアムモデル『アルテオン』を公開


クルマ | VW、ジュネーブショーで新プレミアムモデル『アルテオン』を公開

Press Information

「Arteon」
VW のラインナップを拡大する新しいプレミアムモデル
ジュネーブでワールドプレミア

VWはモデルラインナップを拡大し、アバンギャルドなグランツーリズモ、新型「Arteon」 を追加します。「Passat」より上に位置づけられる「Arteon」は、ジュネーブモーター ショー(3/9〜19)で世界初公開します。VWのデザイン部門を統括するクラウス ビショフ(Klaus Bischoff)は、「Arteonは、伝統的なスポーツカーのデザイン要素、 ファストバック*のエレガントなスタイルと広い空間を融合させています。このクルマは、 人々の感性と理性に同時に訴えかける、アバンギャルドなビジネスクラスのグランツーリズモです。」と述べています。

グランツーリズモ
エクステリアデザインを担当したトビアス シュールマン(Tobias Sühlmann)は、「Arteonのアスリートのようなボディラインは、とても機能的な全体コンセプトを具現したもの です。ここでは形態と機能が先進的な方法で巧みに融合しています。伝統的なサルーンとは異なり、このグランツーリズモは、ロングホイールベース、クーペのようなファストバックデザイン、大型リヤハッチによって、サルーンを上回る空間と柔軟性を 提供します。」と述べています。5シーターの「Arteon」は、洗練され、エレガントなデザインと先進技術を備えた5ドアファストバックモデルを求める人々にとって、理想的な選択肢になるでしょう。

完璧なプロポーション
「Arteon」は、MQB(モジュラー トランスバース マトリックス)を基本に設計されました。トランスバースとは、フロントにエンジンを横置きにすることを意味します。フロントとリヤアクスルの間は、2,841mmもの長いホイールベースを確保しています。したがって、この全長(4,862mm)のファストバックモデルのフロントとリヤオーバーハングは、短くなっています。「Arteon」の全幅と全高は、それぞれ1,871mmと1,427mmで、これらの寸法から生まれるプロポーションは、とてもダイナミックで、フォルクスワーゲンのデザイナーは、これを視覚的なスタート地点に定めました。

カリスマ性を感じさせる「Arteon」のダイナミズム カリスマ性を感じさせる「Arteon」のエクステリアデザインの中で、ひときわ重要性が高いのは、まったく新しいデザインになったフロント部分でしょう。その大きな特徴は、車両前方と左右フェンダーまで伸びたボンネットと全幅いっぱいに広がるラジエーターグリルです。標準装備のLEDヘッドライトとデイタイムランニングライトは、ラジエーターグリルとボンネットに施されたクロームメッキのクロスバーと組み合わされます。この結果、高性能スポーツカーを彷彿とさせるフロントデザインが完成しました。

純粋なスポーツカーの定義リヤショルダー周辺の魅力的でパワフルな部分と力強いフェンダー、盛り上がったホイールアーチと大口径の 20 インチアルミホイールは、スポーツカーと同じ流儀で デザインされています。フロントとリヤアクスルの間にあるウェストラインのシルエットにも 純粋なスポーツカーの流儀が見て取れます。

フォルクスワーゲン・アルテオン
フォルクスワーゲン・アルテオン


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング