国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.04.24 15:10
更新日: 2017.04.24 15:13

2017オートバックス全日本カート選手権第1戦/第2戦レポート


国内レース他 | 2017オートバックス全日本カート選手権第1戦/第2戦レポート

2017 オートバックス 全日本カート選手権
OKシリーズ 第1戦/第2戦

開催場所:スポーツランドSUGO西コース
開催日:2017年4月22~23日
コース:スポーツランドSUGO西コース
天候:晴れ
路面状況:ドライ
参加台数:25台

 2017年オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦が、4月22~23日の2日間、宮城県・スポーツランドSUGO西コースで開催された。

 オートバックスが冠スポンサーとなってから5年目のシーズンを迎える全日本カート最高峰クラス。

 これまでチャンピオンを獲得し、オートバックスからのスカラシップサポートを受けたドライバーは福住仁嶺(2013年チャンピオン)がGP3、宮田莉朋(2014・2016年チャンピオン)がFIA-F4チャンピオン、阪口晴南(2015年チャンピオン)が全日本F3などフォーミュラレースを中心に目覚ましい活躍を見せている。彼らに続く新しいスターが誕生するかが、今季の注目ポイントとなる。

 今季は、昨年までのクラッチ付きエンジンを使用したKFクラスから、国際ルールに準拠し、クラッチレスとなったOKクラスへと変更。

 合わせて、最低重量の引き下げ(158㎏→145㎏)もあり、またヨーロッパでも使用されないスペシャルコンパウンドタイヤを使用することから、世界最速のカートレースへと変貌した。

 開幕戦にはルーキー9人を含め25台がエントリー、熱戦を繰り広げた。

 レースウィークはおおむね好天に恵まれ、金曜日の時点ですでにコースレコードを大きく上回るタイムが記録されるなど、レースに向け期待が高まった。

■第1戦レポート


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング