国内レース他 ニュース

投稿日: 2017.10.02 14:40

ポルシェカレラカップ・ジャパン2017 第10・11戦鈴鹿 プレビュー


国内レース他 | ポルシェカレラカップ・ジャパン2017 第10・11戦鈴鹿 プレビュー

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017 第10・11戦プレビュー

 東京.ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017シリーズ最終戦となる第10・11戦を、鈴鹿サーキット(三重県)にて2017年10月6日(金)、7日(土)、8日(日)に開催いたします。

 今年も熱き戦いが繰り広げられているポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)のシーズン最終大会は、モータースポーツの最高峰であるF1日本GPのサポートレースとして鈴鹿サーキットで開催される。
 
 このF1サポートレース戦、PCCJとしては2007年にエキシビジョンレースでの開催からスタートし、翌2008年より正式にシリーズの一戦に含めて行い、今季で10年目を迎えている。
 
 全長5.807㎞の鈴鹿サーキットはテクニックが問われるドライバーズサーキットと呼ばれF1ドライバーからの評価も高いサーキットである。

#9 武井真司
#9 武井真司

 同じく鈴鹿で行われた第9戦を終了した時点で、オーバーオール(総合)ランキングトップは160点を獲得しているジェントルマンクラスの#9 武井真司。
 
 #9 武井は第9戦で同クラスのチャンピオンをすでに決めており、もし今回の大会でオーバーオールでもチャンピオン、すなわちPCCJ2017シリーズチャンピオンにも輝いた場合は、PCCJ史上初のダブルタイトル獲得を成し遂げることになる。
 
 この#9 武井とシリーズチャンピオン争いを繰り広げているのは若手ドライバーのふたりで、ランキング2位は2016年のPCCJスカラシッププログラムドライバーであった#89 三笠雄一が140点、3位は2017年のPCCJスカラシッププログラムドライバーである#17 上村優太が138点となっている。

#17 上村優太
#17 上村優太

 現在のポイント差から、#9 武井が第10戦でオーバーオール今季初優勝を成し遂げて2位以下に20点以上の差を着けた場合は、日曜日の第11戦を待たずに王者戴冠となる。
 
 もちろん、第10戦と第11戦で着実にポイントを積み重ねて2位以下の逆転を許さずの王者獲得の可能性もある。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ ADVICS muta Racing fairies
藤田香澄(ふじたかすみ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング