国内レース他 ニュース

2017.10.19

スーパー耐久:Le Beausset Motorsports 2017年第6戦岡山 レースレポート


国内レース他 | スーパー耐久:Le Beausset Motorsports 2017年第6戦岡山 レースレポート

雨の岡山でDENSO Le Beausset RC350が2位チェッカー。レース後にまさかの結果で、シリーズ2位となる

 今シーズンはFIA-F4、スーパーFJと併せて挑む、ル・ボーセモータースポーツにとって最高峰カテゴリーである、スーパー耐久シリーズの第6戦が10月14日(土)、15日(日)に岡山国際サーキット(岡山県)で開催された。
 
 使用するマシンは2シーズンにわたって開発、熟成が進められてきたレクサスRC350で、「DENSO Le Beausset RC350」としてST-3クラスに、嵯峨宏紀、中山雄一、山下健太の3人を擁して挑む。
 
 今シーズンは、ここまで2勝をマークし、第2戦からは表彰台に登り続けている。特に高得点可能な富士10時間こと「SUPER TEC」において3連覇を達成したことにより、この最終戦には悲願のタイトルに王手をかけて挑むこととなった。
 
 ランキング2位との差は15ポイントであるだけに、6位以内でのゴールが最低条件。決して高いハードルではないが、勝負の世界に「絶対」は存在しないだけに、気を緩めることなく挑み、むしろ優勝を狙う心構えでサーキット入りした。
 

予選 10月14日(土)

天候/曇り
コース状況/ドライ

 スーパー耐久第6戦10月14日(土)~10月15日(日)岡山国際サーキット3.703km 週末まで不安定な空模様となる予報で、金曜までに天候は目まぐるしく変わり、ウエットからドライとコンディションが変化するなか、それぞれの条件でのセッティング、タイヤチョイスも含めたさまざまなテストをこなした。
 
 ようやく予選が行われる土曜日になって、上空は灰色の雲に覆われていたものの、完全なドライコンディションで走れるようになる。今回は久々の3時間レースでの2グループ開催とあって、グループごとAドライバー、Bドライバー、そしてCドライバーの順で計測された。
 
 Aドライバーセッションに挑んだ嵯峨は、トラフィックを避けるため、計測開始から2分ピットで待機してから走行をスタートする。1周をしっかりウォームアップに充てて、準備を整え、次の周からアタック。まず1分39秒707をマークし、その勢いで1分39秒664まで短縮し3番手につける。
 
 若干のバランスの悪さを嵯峨は訴えていたため、アジャストされた状態から中山は走行。同じく少し待機した後にコースに入ると、3周目に1分39秒204にタイムアップを果たし2番手につけて、予選順位を決めるAドライバーとBドライバーの合算タイムで3番手となる。
 
 この後に行われたCドライバーセッションでは、ユーズドタイヤ、満タンの決勝レースを想定した状態で走行。セッティングの最終チェックを行った山下が1分40秒718で2番手につけて、トップを狙える状態で決勝へと臨むこととなった。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング