国内レース他ニュース

2017.11.15

FIA-F4:Le Beausset Motorsports 2017年第13戦/第14戦鈴鹿 レースレポート


川合孝汰/Le Beausset Motorsports

1秒以内に19台がひしめく最終大会、川合孝汰が4位、7位と連続入賞を果たす

FIA-F4第13戦&第14戦
11月11日(土)・12日(日)
ツインリンクもてぎ4.801km

 ル・ボーセモータースポーツが挑むカテゴリーのひとつであるFIA-F4選手権シリーズの今季最終戦となる第7大会が、11月11日(土)、12日(日)にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催され、川合孝汰、平木玲次、平木湧也の三人が出場した。
 
 ツインリンクもてぎといえばチームのホームコースでもあり、昨年は川合と湧也が優勝を飾って、玲次も入賞を果たしている。ストップ&ゴーが繰り返されるレイアウトは、走りにリズムを要求されるとあって、それぞれ相性抜群であることは絶対のマージンとなる。前大会からは2か月半ものブランクが空いているものの、今季の集大成となることが期待された。

予選

11月11日(土)
天候:曇り/コース状況:ドライ

 このレースウィークは水曜日からの走行開始で、それぞれさまざまなセットを試しながらセッションを重ねた。木曜日の専有走行からは三人揃って好タイムをマーク。2セッションの最初は全員トップ10に食い込むなど確かな手応えを感じ取っていた。
 
 土曜日の予選はドライコンディションが保たれたが、早朝からの開始ということで気温、路面温度とも極めて低く、タイヤにしっかり熱を入れるためにも予選開始と同時にコースイン。30分間の予選時間を目一杯走り切った。
 
 しかし、暖かい陽気の中で行った練習とはグリップ感の違いに戸惑ったドライバーも少なくなく、三人の中で最もそれが顕著だったのが湧也で、11番手と9番手に留まり、玲次は前半のアタックをまとめきれず、タイムを出すのが後半でタイヤのピークが過ぎていたことから、17番手と15番手。
 
 逆に川合は天候の悪化を危惧し過ぎたあまり、前半のアタックに集中。早い段階で好タイムを記した一方で、路面状態の向上した後半に上回るタイムをライバルたちに出されてしまう。

 それでも7番手と8番手と、2戦ともにシングルグリッドを得ることに成功した。全体を見てもタイムは非常に均衡しており、1秒以内に19台がひしめき合い、コンマ1秒上がれば大きく順位が入れ替わる予選となった。

決勝 第13戦


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

KENWOOD/TAS2018
夢奈(ゆめな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Wed)

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

25日(Sun)

SBK 第1戦オーストラリア

26日(Mon)

27日(Tue)