国内レース他 ニュース

2018.03.16

ポルシェカレラカップ ジャパン 2018オフィシャルテストレポート


国内レース他 | ポルシェカレラカップ ジャパン 2018オフィシャルテストレポート

プレスインフォメーション 2018年3月16日

18シーズン目を迎える国内最高峰のワンメイクレース
ポルシェ カレラカップ ジャパン2018 オフィシャルテストを実施

小山町. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2018シーズンのオフィシャルテストを、3月13日(火)、14日(水)の2日間にわたって富士スピードウェイ(静岡県)で開催いたしました。

 ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)は、世界各地で開催されているカレラカップシリーズの一つとして2001年に日本でもスタートし、今年で18年目のシーズンを迎えたワンメイクレースの最高峰である。2018シーズンは、4月7~8日に岡山国際サーキット(岡山県)で幕を開け(第1-2戦)、10月までの6カ月間で6イベント全11戦が開催される。クラス区分は2017シーズン同様、全ドライバーが対象のオーバーオール(総合順位)によるシリーズチャンピオン争いと、オーバーオールの中でアマチュアドライバー同士が覇を目指す「ジェントルマンクラス」による戦いで構成される。今シーズンのエントリーは全22台(うちジェントルマンクラス登録は16台予定)だが、今回のオフィシャルテストには18台が挑み、1日2セッションの2日間計4セッションを走行した。

 なお、今季のPCCJを戦うマシンは、新たに導入されたタイプ991 第2世代のニュー911 GT3 Cup。リアに搭載された水平対向6気筒 エンジンは 3.8リッターから4 リッターへ変更され、最高出力が460psから 485psへアップし、ダイレクト・フューエル・インジェクション(DFI)の採用により効率性も大幅に向上した。さらにアンチロック・ブレーキシステム(ABS)を採用するなど、安全面も含めた大きな進化を遂げている。ニューマシン導入初年度となる今シーズン、果たしてどのような戦いが繰り広げられるのか注目される。

富士スピードウェイでポルシェカレラカップジャパンのオフィシャルテストが行われた
富士スピードウェイでポルシェカレラカップジャパンのオフィシャルテストが行われた

3月13日(火) セッション1(13時15分~13時55分)

天候:晴れ 路面:ドライ 気温13度 路面温度22度

 好天に恵まれた富士スピードウェイには、今シーズンのPCCJに参戦するカレラカップパイロットが集結。午前中はレギュレーションの変更点やニュー911 GT3 Cupの変更点について、オリエンテーションやコクピットドリルを実施。そして13時15分にセッション1がスタートするが、これがニューマシンのシェイクダウンというドライバーも多く、まずは各車ともマシンの感触を確認しながら周回を重ねていく。とくに念入りにチェックしていたのがブレーキングポイント。ABSが導入されたため、各コーナーの攻め方を各車とも試行錯誤で繰り返すが、まだ初日ということもあり納得いく走りはできていないドライバーが多かったようだ。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング