国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.04.26 06:40
更新日: 2018.04.25 18:51

ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018第1・2戦岡山 レースレポート


国内レース他 | ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018第1・2戦岡山 レースレポート

ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018 第1-2戦(岡山)レースレポート

 岡山県美作市. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木敏幸)は、ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018シリーズ第1-2戦を、岡山国際サーキット(岡山県)で2018年4月22日(日)に開催いたしました。

第1戦 公式予選:時間8:00~8:20
天候:晴れ/路面:ドライ

 ポルシェカレラカップ ジャパン(PCCJ)のステップアップカテゴリーとして開催されているポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン(GT3CC)が、4月22日、岡山県の岡山国際サーキットで2018シーズンの開幕を迎えた。

 今シーズンはPCCJに911 GT3 Cup Type 991 IIが導入されたことにともない、GT3CCは、2014-2016年式の911 GT3 Cup Type 991による“カップクラス カテゴリーI”、2010-2013年式の911 GT3 Cup Type 997の“カップクラス カテゴリーII”、2001-2005年式911 GT3 Cup Type 996の“カップクラス カテゴリーIII”のカップクラスを設定。
 
 さらに、LM-GT2やFIA GT2車両、スーパーGT用マシンなどが使用可能な“オープンクラス”も、引き続き設けられる。
 
 タイヤはミシュランのワンメイクである。この開幕戦にはカップクラス カテゴリーI(以下Cup I)が7台、カップクラス カテゴリーII(以下Cup II)が4台の計11台が参戦した。

 2週間前に行われたPCCJとは打って変わり、岡山国際サーキットには朝から爽やかな青空が広がる。そんな好条件のもと、第1戦のスターティンググリッドを決める公式予選が8時ちょうどから行われた。グリーンシグナルが灯ると、PCCJのジェントルマンクラスに参戦中の#98 IKARIが真っ先にコースへ。さらに7台のマシンが#98 IKARIに続く。予選開始から3分後には全車がコースに入り、いよいよタイムアタックがスタートした。

 序盤、昨シーズンからGT3CCに参戦する#32 大波 肇が1分36秒台のトップタイムをマークすると、これを#93 松島 豊、#9 小林賢二が追う展開に。その後、#9 小林は1分35台までタイムを縮めてトップに立ち、3年ぶりのGT3CCでその存在感を示した。
 
 しかし、その直後、#5 仲尾恵史が1分34秒874を叩き出し、一気にトップに躍り出る。昨シーズンはFIA-F4で武者修行した#5 仲尾が、大きく成長してGT3CCに戻ってきたのだ。

 スターティンググリッド争いは終盤にまでもつれこみ、#5 仲尾は9周目に自己ベストの1分34秒084をマークしてポールポジションを獲得。これに、#98 IKARIと#9 小林が同タイムの1分34秒625で続いていたが、#9 小林が最終ラップでコンマ002秒タイムを縮め、2番グリッドを手に入れた。

 Cup IIは、昨シーズン、シリーズランキング4位を獲得した#77 MUSASHIが1分35秒082で、総合4番手の好位置からのスタートとなった。

ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018第1戦岡山 表彰台
ポルシェGT3カップチャレンジ ジャパン 2018第1戦岡山 表彰台


本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング