国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.05.15 11:03
更新日: 2018.05.15 12:50

ENDLESS SPORTS スーパー耐久第2戦SUGO レースレポート


国内レース他 | ENDLESS SPORTS スーパー耐久第2戦SUGO レースレポート

スーパー耐久シリーズ 2018 第2戦
開催日:2018.4.28~29
サーキット:スポーツランドSUGO

3号車 ENDLESS GT-R
チーム体制:エンドレススポーツ
ドライバー:YUKE TANIGUCHI/山内英輝/銘苅翼

予選結果:2位
決勝結果:4位
シリーズランキング:ST-X CLASS 6位

[予選/4月28日(土)] 3号車 2位

Aドライバー/YUKETANIGUCHI……2位 11:05~ 15分間 ドライ
Bドライバー/山内英輝……5位 11:30~ 15分間 ドライ
Cドライバー/銘苅 翼……4位 11:55~ 20分間 ドライ

今シーズンはGT—Rによるお立ち台の奪い合い……。そんな話がピット裏で囁かれるなか、まさかのクラス最下位。開幕戦にしてチャンピオン争いにイエローが灯った当チーム。このスポーツランドSUGOを舞台にした第2戦で優勝しないと、冗談抜きで追い込まれてしまうことにもなる。いきなり追い込まれてしまった当チームだが、この第2戦ではまずまずのスタートを切ることができた。

AドライバーのYUKE TANIGUCHI「いい感じでアタックできた。ポールが取れたかなって手応えだったのに、ポルシェの速さには驚かされたね。とにかく、今はやれることをやるしかないよ」クラス2番手となる1分22秒台をマークしたYUKE TANIGUCHIだが、トップタイムをマークしたポルシェは、なんと1秒3も速い。Bドライバーの山内に期待がかかる。

 その山内は2ラップ目にアタックするが、前後のタイヤの温まり方が悪く、思うような走りができない。前後バランスが良くなった3ラップ目にアタック。最終コーナー手前までベストタイムでくるが最終セクションでのタイムが伸びない。

「すいません。いい感じで走ってきたのに、最後の最後で遅いマシンに引っかかってしまって……」悔しさを滲ませる山内は、結局、クラス5番手に沈んでしまう。

 ただ、グリッドを決めるA+Bドライバーの合算タイムでは2番手となり、決勝レースはフロントロウからのスタートになった。

[決勝/4月29日(日)] 3号車 4位

13:58 スタート 3時間レース(16:59チェッカー)
ドライコンディション

 半袖でも寒くない五月晴れとなった決勝当日。ポールを奪ったポルシェはGT—R勢より1秒以上も速い。でもどこかで絶対にチャンスが巡ってくるはずだ。それを生かすしかない。決勝レースは午後1時55分過ぎセーフティカーに誘導され、ダミーグリッドから離れて行く。

 13時58分、最終コーナーから立ち上がってきたセーフティカーがピットロードに入ってくる。その直後にシグナルが青に変わりスタートが切られる。1コーナーで前に出たかったが、ポルシェの速さは半端ではなかった。
 
 グッと加速していく。次なるチャンスは完全にタイヤが温まるまでのオープニングラップ。ここでも追いつきそうで追いつけない。結局、スタート直後にはチャンスが生まれなかった。じわじわと離れていくポルシェ。後方、3番手には開幕戦で優勝している99号車がいるが急接近してくる気配はない。

 トップ3は2~3秒の間隔でラップを重ねて行く。14ラップ過ぎ、今シーズンから取り入れられたFCY(フルコースイエロー)が振られる。トップを走るポルシェ、さらには82号車のアウディがこのFCY間にピットに入る。サーキットにもよるのだが、SUGOのようにピットの出口が1コーナー先にあると、本線上での50㎞/h制限よりも速く走る(ピット出口側にあるシグナル付近から本線合流地点までは制限速度がないため)こともできてしまう。

 ENDLESS GT-R
#3 ENDLESS GT-R


関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング