国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.05.30 16:58

OIRC team YTB 全日本F3選手権第2ラウンドSUGO レースレポート


国内レース他 | OIRC team YTB 全日本F3選手権第2ラウンドSUGO レースレポート

OIRC team YTB
2018全日本F3選手権
第3戦、4戦(菅生サーキット)レースレポート

#8 YTB F318
ドライバー:片山義章(かたやま よしあき)
生年月日:1993年11月13日
身長:168cm
体重:65kg
血液型:O型

●「真の速さ」を見せる事が出来るドライバーズサーキット
 スーパーフォーミュラ第3戦、菅生大会との併催レース。高低差73mのタイトなコーナーの連続するサーキットは、ドライバーへの大きな負荷は当然ながら、他のレースではありえないような事例が発生することから「SUGOには魔物が棲む」と表現されることがある。

 ドライバーの度胸も試されるが故に「真の速さ」を見せることができるサーキットはチーム、ファンにアピール出来る恰好のステージである。赤旗終了となってしまった予選で不完全燃焼だった片山義章は予選8位(第3戦)、6位(第4戦)から得意のスタートで上位を狙う。

●レースペースの上げ方に課題
第3戦 予選:8位 決勝:7位
 練習走行から車のセットアップを変更、新品タイヤを投入し手応えを感じると2セット目も新品タイヤを履いてタイムアップを狙うも赤旗により中断、再開される事はなくそのままの順位で予選が確定してしまう。

 第3戦、得意のスタートで#35河野駿佑(RS FINE)を捉え7位に上がり、#1金丸悠(B-MAX RACING TEAM)を追うと、金丸がミスをして巻きあげた砂煙を避けレインボーコーナーでは抜き切れず詰まってしまい、馬の背コーナーで河野に抜き返されてしまう。

 その後はブレーキングの安定しないマシンと格闘しながら粘り強く河野の背後でチャンスを伺い迎えた最終周、最終コーナーでついに河野を捉えまさに鼻差でポジションを上げた。

片山義章(YTB F318)

片山義章コメント
「スタートは良くて河野くんを抜いて、その前の金丸くんまで一気に抜きたかったですけど抜ききれず詰まったところで河野くんに抜き返されてしまいました。ブレーキングが安定しない中、離されないよう辛抱強く走り続けて最後の最後で河野くんを捉えて抜くことが出来ました。とはいえ、7位という結果はノーポイントなので喜べる結果ではありません。」


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング