国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.19 14:07

Le Beausset Motorsports スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート


国内レース他 | Le Beausset Motorsports スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート

勲章でもあるウエイトハンディが響いた第4戦。
惜しくも表彰台に届かず、4位でゴール

スーパー耐久 第4戦
7月14日(土)~15日(日)
オートポリス 4.674km

 ル・ボーセモータースポーツは、ピレリスーパー耐久シリーズのST-3クラスに『DENSO Le Beausset RC350』で、嵯峨宏紀、山下健太、そしてルーキーの宮田莉朋を擁して挑む。

 その第4戦が7月14日(土)、15日(日)に、オートポリス(大分県)で『TKUスーパー耐久レースinオートポリス』として開催された。

 オートポリスは阿蘇山中に位置し、地形を生かしたアップダウンの激しいテクニカルコースとして知られている。ここまでの3戦いずれも表彰台に上がったことで、積み重なったウエイトハンディ35kgが、そのレイアウトにどう影響を及ぼすかポイントになるところではあった。

 なお、昨年は2グループに分けた3時間レースとして開催されたが、今年は全クラス混走の5時間レースに改められている。

予選
7月14日(土)
天候/晴れ
コース状況/ドライ

 この週末は全国各地で猛暑が伝えられたが、オートポリスも例外ではなく、絶えず強い日差しに照らされるなかでの走行になっていた。走行開始は木曜日からで、ウエイトハンディとクルマのバランスがコースに合うよう、絶えず様々なセッティングを試し、走行を重ねた。

 予選のAドライバーセッションに挑んだ嵯峨は、前半にアタックした車両が戻ってきた折り返しからのコースイン。暑さとウエイトの影響で、タイヤのグリップが一周しか持たないため、ワンアタックで2分3秒464を記録する。

 続くBドライバーセッションでは幾分日が陰って温度も下がったため、山下は2分2秒228にまで短縮を果たして3番手につけ、合算タイムでは2番手を獲得した。

トップの#14-Z34はノーハンディで、しかも最低重量の違いから『DENSO Le Beausset RC350』とは125kgもの差があるだけに、2番手は大健闘とも言える結果。ランキングトップの#38-IS350は7番手に沈んでいることもあり、ポイント差を詰める絶好の機会に期待がかかった。

 なお、続いて行われたCドライバーセッションでは、宮田が決勝でのコンスタントラップを測るためユーズドタイヤを装着して8周し、2分6秒338をマークした。


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング